北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク

日本メディカルアートメイク協会

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日・月・第1水曜日は休診

アクセス

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 眉・アイライン・リップのアートメイク施術の流れ
眉・アイライン・リップのアートメイク施術の流れ

アートメイクの施術がどのような流れで進んでいくのかを、簡単にご紹介します。また、気になる腫れや痛みについて、施術後の過ごし方、リタッチ(再施術)についても併せてご紹介しています。施術当日から施術後の具体的な流れをイメージするのにお役立てください。

アートメイクの施術の流れ

アートメイクの施術の流れを簡単に紹介いたします。

1. 施術者によるカウンセリング

不安に思っていること、疑問に思っていることはここで解決します。
デザインの希望、過去に施術したときの不満もお伺いします。

2. 医師による問診・治療承諾書

専門の医師が施術希望箇所に発疹などの異常がないか診察いたします。

3. 技術者によるデザイン決め

実際にデザインを描き、修正をしながら理想の形に近づけていきます。
眉の場合は左右で違うデザインを描き、どちらかを選んでから徐々に修正していきます。

4. 麻酔塗布

眉とリップは希望された方、アイラインの施術は全員麻酔クリームを塗ります。
麻酔が効いたことを確認してから、施術開始です。

5. 施術開始

作成したデザインにそって、色素を入れていきます。
施術時間はパーツにもよりますが、カウンセリングも含めて60~90分が目安です。

これで1回目の施術が完了です。アートメイクで入れる色素は1回では定着しないため、3回に分けて色素を入れていきます。
一度施術をしたら皮膚を回復させる必要があるので、次の施術は2週間以上期間をあけて行ないます。

以下の施術例をご覧いただくと、施術後しばらくして多少色素が落ちることがおわかりになるでしょう。

施術前 施術1回目
施術後 3回目の施術前(2回目の施術からしばらく経った頃)
施術後 施術3回目

引用元:施術例 | ウィメンズヘルスクリニック東京

【眉】

麻酔:女性は麻酔なしで耐えられる方多数。痛みに弱い方は使用をおすすめ。

腫れ:ほとんど目立たない。赤みが出ることがある。

ほとんどの方が耐えられる程度の痛みですが、無理に我慢する必要はありません。
片眉の施術が終わったら、一度鏡で仕上がりをチェックしていただきます。問題がなければ、もう片方の眉の施術に移ります。

【アイライン】

麻酔:全員使用。

腫れ:泣いたあとのような腫れが1~2日。

目が少し赤くなることもあります。また、腫れ方には個人差があり、眼瞼下垂(がんけんかすい)や二重の手術の経験がある方で、3~4日腫れが続いた方もいらっしゃいます。

【リップ】

麻酔:痛みに弱い方は使用をおすすめ。

腫れ:腫れぼったくなる状態が1~2日。

薄いピンクの色素でも、施術直後は色が濃く出ます。腫れぼったくもなるので、施術当日はマスク持参がおすすめです。しばらくすれば薄皮が剥がれて色味が落ち着き、腫れも引きます。
施術後2~3日は熱いもの・辛いものを避けて、唇を刺激しないようにしましょう。

アートメイク施術後の過ごし方

<クレンジング・洗顔>

施術をしたその日の夜に、クレンジングを使ってお化粧を落としても、石鹸を使って洗顔しても大丈夫です。
ただし、クレンジング剤や石鹸が、施術した箇所に直接つかないように注意してください。洗い流したお湯や水がかかる程度なら問題ありませんよ。

<お化粧>

翌日から、通常通りのお化粧をして構いません。

眉への施術は赤みが出ることがある程度で、もし赤みが出たとしても30分から1時間程度で治まります。眉のみの施術なら、施術後に何か予定があっても特に支障はないでしょう。

アイラインとリップに関しては、施術後は腫れる可能性がありますので、気になる方は予定を調整していただくことをおすすめします。

また、アイラインは施術の翌朝、むくみと一緒に腫れぼったさが出ることがあります。施術後、水分やお酒をとり過ぎないように気をつけてください。

3~5日が経つと施術したところが“かさぶた”(うすい皮)になって浮いてきます。かさぶたは無理にこすったり、剥がしたりしないでくださいね。

アートメイクのリタッチ(再施術)ついて

アートメイクは個人差もありますが、2~3年ほどで色素が薄れてきます。
これを美しく蘇らせるためには、リタッチ(再施術)が必要。「2~3年したらまた施術しなくちゃいけないの?」と思われるかもしれませんが、リタッチをすることにはメリットがあるのです。

それは、「年齢に合わせて、そのときのお顔に最適なデザインを保てる」ということ。当院のリタッチは、ただ単純に前回のデザイン通りに色素を入れ直すのではなく、リタッチ時のお顔に合うように微調整をいたしております。リタッチの施術料金は、デザイン変更をしても同じ料金ですのでご安心ください。
料金表 | メディカルアートメイク | ウィメンズヘルスクリニック東京

2~3年毎にご自身のお顔と向き合うことで、年齢に合った美しさをご一緒に追求していきましょう。

PAGE TOP