北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク

日本メディカルアートメイク協会

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日・月・第1水曜日は休診

アクセス

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

眉はアートメイク誕生のきっかけ?

アートメイクの歴史

「アートメイクの起源は古代中国にある」と言われています。
中国には昔から、「眉の薄い女性は幸せになれない」という言い伝えがあり、これを気にした女性たちが眉に墨を塗って濃く太く見せるようにしたのです。
さらに女性たちは、墨で描いた眉=良い運勢が落ちてしまわないような工夫をし始めました。
やがて単純に墨で眉を描くのではなく、肌を直接染色するようになり、現在のアートメイクの原型になったのだと言われています。
中国では、昔から様々な占いが盛んに行なわれていましたが、その中に“人相学(にんそうがく)”というものがあります。顔の特徴から、その人の性格・能力・運勢を診断するというもので、もともとは疾病診断のひとつの方法として用いられていました。この人相学が中国では重視されてきました。

また、中国で誕生した“肌を染色する技術”は台湾へ伝わり、それを目にとめたアメリカ人が技術を学んでアメリカへと伝わったそうです。アートメイクの技術はアメリカにおいてさらに研究が重ねられ、今のアートメイク技術にまで発展していきました。

皮膚に色素を入れるという美容法

皮膚に色素を入れる、と言うと“刺青(タトゥー)”をイメージされる方が多いでしょうか。
確かに、「針を使って皮膚に色素を入れる」という点では、アートメイクも刺青も同じ。ですが、色素を入れる深さが異なります。
私たちの肌は、【表皮→真皮→皮下組織】という順番で層になっています。このうち、最も浅い“表皮”に色素を入れるのがアートメイク。表皮よりさらに深いところにある、“真皮”に色を入れるのが刺青です。
このことによって、アートメイクは3~5年ほどで色が薄くなってくるのに対し、刺青はほとんど変わらないという違いが出ます。

また、目的も刺青とは大きく異なります。刺青は本来ないものを装飾として施すのに対し、アートメイクは“本来あるものを補う目的で施す”もの。例えば、生えてこなくなった眉毛を足してあげる、ぼやけてきたリップラインをはっきりさせる、などです。

薄い眉毛も、
アートメイクでくっきり華やかな印象に。

施術前 施術前
施術後 施術後

引用元:メディカルアートメイク | ウィメンズヘルスクリニック東京

補って自信を与えるアートメイク

「生まれつき眉毛が薄くて…」
「年とともに唇の輪郭がぼやけてきたみたい…」

こんなふうに、顔のパーツの中に1つだけでも自信が持てないところがあると、気分も沈んでしまいます。
お化粧をすればある程度解消できますが、それも一時のこと。通常のお化粧では、途中で落ちてきてしまうことを心配したり、素顔とのギャップにますます悩んでしまったりということもあります。
ですが、アートメイクならこうした心配は無用です。途中で落ちてしまうことはありませんし、素顔でもそのままの状態を保てますよ。

また、刺青と違って3~5年ほどで色が落ちてくると言いました。「永久に残るわけじゃないのね…」とがっかりされる方もいるのですが、実はこれは必要なこと。
と言いますのも、お顔というのは年齢を重ねることによって変化していくものだからです。ある程度の年月が経ってリタッチ(修正)に来ていただいた際には、“そのときのお顔”にあったリタッチをいたします。
あなたらしい美しさで、いきいきとした自信を取り戻しましょう。

当院では特に悩みの多い、眉・アイライン・リップラインを中心に施術を行なっております。
施術可能なパーツの詳細については、以下よりご確認ください。
料金表 | メディカルアートメイク | ウィメンズヘルスクリニック東京

PAGE TOP