北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク

日本メディカルアートメイク協会

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日・月・第1水曜日は休診

アクセス

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

アートメイクをする理由

アートメイクをする理由

近年、じわじわと人気を集めているアートメイク。
なぜ、アートメイクを選択する人が増えているのでしょうか?

一番多い理由としては、やはり「楽だから」ということがあげられます。特に、眉やアイラインといった丁寧に行なう必要のあるパーツのお化粧をしなくていいとなると、大幅な時間短縮が可能です。
ベースを整えるだけでナチュラルメイクが完成すると考えると、とても楽だということがわかりますね。ほかにも、アートメイクをする理由は多くあります。いくつかご紹介していきましょう。

眉やアイラインをうまく描けない

絵を描くのが得意な方と苦手な方がいるように、お化粧も得意な方と苦手な方がいます。特に、左右のバランスを考えながらの細かい作業になる眉とアイラインは、「お化粧自体は好きだけど苦手」という方もいるくらいです。「片方はうまく描けるのに、もう片方はいつも失敗する」という理由から、眉やアイラインをアートメイクにするという方も多いですね。

お化粧にかかる時間を短縮したい

女性は身支度に時間がかかると言われますが、その大部分はお化粧の時間ではないでしょうか。ですが、お化粧は急いでやるとバランスが悪くなったり、不自然な仕上がりになってしまったりするので時間を短縮するというのは案外難しいもの。眉やアイラインといったバランスの調整が難しいパーツをアートメイクにしておけば、時間が短縮できるうえに美しく仕上げられます。

化粧崩れが起きやすい

汗をかきやすかったり、脂性肌であったりすると化粧崩れが起きやすいです。朝、せっかく時間をかけてきれいにお化粧を仕上げても、すぐに崩れてしまってはやる気が削がれてしまいますよね。アートメイクならどんなに汗をかいても、脂性肌であったとしても落ちてしまうことがありません。うっかり眉や目元をこすってしまっても、アートメイクの眉やアイラインはきれいなまま残ってくれます。

お化粧をしている顔と素顔のギャップを小さくしたい

お化粧映えする顔とも言えますが、「素顔と印象が違うね」と言われることを気にする方もいるでしょう。お化粧をしている顔と素顔でギャップが大きくなりやすいのは目元。ですから、眉もしくはアイラインだけでもアートメイクにしておくと、素顔とのギャップを小さくすることができます。「アートメイクをすると、素顔のときに不自然になるのでは?」と心配される方がいらっしゃいますが、素顔でも自然に馴染むようにデザインするので問題ありません。

老眼でお化粧がうまくできなくなった

老眼になると、近くのものが見えにくくなってしまいます。そのため、眉やアイラインをきれいに描くということが難しくなるのです。だからといって、老眼鏡をかけたままではお化粧がしづらいですよね。アートメイクをしておけば、何も手を加えなくてもナチュラルメイクになりますし、目元の雰囲気を変えたいときは少し書き足すだけなので簡単です。

ほかにも、当院の患者様がアートメイクを施術しようと思った理由や施術内容を、こちらで体験談として紹介しています。ぜひご覧ください。
施術例 | ウィメンズヘルスクリニック東京

アートメイクで気持ちよく1日をスタートさせましょう

“時間を短縮できる”
“お化粧が楽になる”

これが、アートメイクを施術するおもな理由です。しかし、実際にアートメイクをしてみると、お化粧の時間が短くなったり簡単になったりする以外にもよい効果が得られることに気がつくはず。
例えば朝の忙しい時間帯、家族がいる方は「早くして!急いで!」なんて、ついつい声が大きくなってしまうのではないでしょうか? 朝10分だけでも時間に余裕ができると、それはそのまま心の余裕になります。心にゆとりができると、不思議と周りにも穏やかに接することができるようになるもの。殺伐とした朝の時間も、あなたの心のゆとりで家族のコミュニケーションの時間に変えられるかもしれません。
また、お化粧がきれいに決まった日は、その日1日なんとなく気分がいいですよね。
アートメイクならいつだって完璧な状態を保てますから、お化粧がうまくいかずに気分が落ち込むようなこともなくなるでしょう。

アートメイクで、以前よりも少しだけいい毎日を送ってみませんか。

PAGE TOP