北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > アートメイク施術後のお風呂はいつ頃から入れる?
アートメイク施術後のお風呂はいつ頃から入れる?

これからアートメイク施術を受けようか検討している方の中には、施術後、お風呂に入っても大丈夫なのか気になりますよね。

アートメイククリニックのサイトにも、Q&Aの中に含まれている質問内容です。それを考えると、多くの方が施術後のお風呂について気になっているのかがわかります。

ここでは、施術当日にお風呂に入ってもいいのか、その時に注意する点はあるのか、長湯をしてもいいのかなど、詳しく紹介していきます。

他にも、施術後の洗顔方法や肌ケアの注意点についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

施術当日でもお風呂に入れるの?

アートメイク施術当日からお風呂に入ることはできます。いつも通りにスキンケアをすることもできますが、いくつか注意点がありますので、そこはしっかり守るようにしましょう。

 

施術当日のお風呂について

施術当日のお風呂は、施術部分を濡らさないようにシャワーで軽く済ませるようにしましょう。施術部分をかすり傷のようなイメージで扱うようにすれば、誤って濡らしたり、擦ったりしないように気をつけることができます。

 

施術した箇所以外に関しては、普段通りに化粧水などのスキンケアを行っても大丈夫です。翌日以降のお風呂も同じように、施術部分を濡らして刺激を与えないように気をつけましょう。

 

衛生面には要注意

施術後の肌はとてもデリケート状態になっているので、施術後から1週間は、衛生面に気をつけて過ごすことが大切です。家族でお風呂を利用する場合、汚れや菌などで施術部分が炎症してしまう可能性が高くなるので、複数の方が利用した湯舟に入らないようにしましょう。

また、不特定多数の方が利用する施設(プールや温泉など)の利用も控えてください。

 

施術後の長湯について

施術当日から1週間は長湯を行わないようにしてください。汗をかくような入浴をすると、血行がよくなって出血しやすくなる、腫れが酷くなってしまうなどのトラブルを起こすリスクを高めてしまいます。

眉は赤みが出ることはありますが、ほとんど目立ちません。アイラインは長くて3~4日程、リップラインは2~3日程腫れることがあります。これらを考えると、最低でも施術当日から1週間は長湯を避けた方がいいでしょう。

 

お風呂に入って体を清潔にすると、施術部分から汚れや菌から守ることができるので、衛生面ではとてもいい効果があります。万が一、水に濡れてしまった場合でも、クリニックで処方された軟膏や処置方法を行えば、トラブルを起こすリスクを抑えることができます。

 

それでも不安という方は、施術当日の入浴を避けて、翌日から入るようにしてください。

洗顔や肌ケアの注意点

施術当日から1週間は、なるべく施術部分に刺激を与えないようにしなければなりません。普段行っている洗顔方法やスキンケアの方法を、そのまま行ってしまうと施術部分に強い刺激を与えてしまう可能性があります。

 

そこで、洗顔とスキンケアを行うにあたって注意しなければならないポイントをご紹介します。

洗顔の注意点

洗顔を行う場合の注意点は、以下の4つです。

  • 当日の洗顔は施術部分を避ける
  • 翌日以降はなるべく肌に優しいクレンジングを使う
  • 刺激の強い化粧品やスクラブ洗顔は使わない
  • 施術部分を強くこすらない

 

眉毛、アイライン、リップラインといった部分は、洗顔中に水や洗顔料がつきやすい部分です。施術部分を擦って洗う方はいないと思いますが、施術部分に触れないように、普段よりも丁寧に洗顔するようにしましょう。

 

施術した部分を強く擦ってしまうと、かさぶたが剥がれて、アートメイクがまだらになってしまう恐れがあるので注意が必要です。翌日以降も、なるべく肌に優しいクレンジングを使って洗ってみる、刺激の強い成分が含まれる化粧品の使用を避けるなど、心掛けるようにしてください。

 

スキンケアの注意点

普段からパックや顔マッサージなどを行っている方は、施術当日から1週間以内はなるべく避けましょう。その間は、クリニックから処方された薬やワセリンを塗って保湿し、肌ケアを行ってください。

他にも、施術部分に関しては1週間メイクを控えるようにしましょう。ファンデーションやマスカラ、リップの液体が傷口に触れてしまい、最悪の場合、変色してしまうこともあります。

 

メイクでカバーしたいと思うかもしれませんが、この期間は肌に何もしない方がペストです。

お風呂はシャワーだけで済ませる

施術当日もシャワーのみであればお風呂に入っても大丈夫なので、施術部分に汚れや菌がつかないように心がけましょう。

 

施術後、以下の症状がでたら施術部分がトラブルを起こしている可能性があります。

 

  • 施術部分の腫れが引かない、出血がとまらない
  • 施術後の発熱
  • 施術部分が、黄色くなって膿ができた(感染している恐れあり)

 

上記の内容に1つでも当てはまる場合、入浴は避け、早めにアートメイク施術を受けたクリニックへ相談するようにしましょう。

PAGE TOP