北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 目指せすっぴん美人!アートメイクできれいな眉毛をゲットしよう
目指せすっぴん美人!アートメイクできれいな眉毛をゲットしよう

すっぴんがきれいな方は、しっかり眉毛を整えてお手入れをしています。眉毛は顔の印象を左右するほど大切なパーツなので、すっぴん時に眉毛が薄かったり、なかったりすると印象が大きく変わります。

今回は、「化粧時とすっぴん時のギャップをなくしたい」という方に向けて、きれいな眉毛の形に整える方法と併せて眉毛の悩みを解決するアートメイクの魅力をご紹介します。

きれいなすっぴんを目指すならナチュラルな眉毛を手に入れよう

化粧時とスッピン時でガラリと雰囲気が変わるため、彼氏や旦那さんになかなかすっぴんを見せられないという方は多いでしょう。ノーメイクでも自信をもって人前に立てる、すっぴんがきれいな方の特徴は色々あります。中でも、表情の印象を決める目元の中でも、重要なパーツである眉毛の形は大切です。

眉毛が全然ないとキツイ印象になり、細いと神経質、ぼさぼさだと野暮ったく大雑把に見えるなどと、眉毛の形が変わるだけで周りの方が抱く印象が大きく変わります。きれいなすっぴんを目指すなら、まずはナチュラルできれいな形の眉毛に手入れすることから始めましょう。

【タイプ別】正しい眉毛の整え方

きれいなすっぴんに欠かせないパーツである眉毛は、日頃から丁寧にお手入れしておくことが大切です。こちらでは、「薄い眉毛」と「濃い眉毛」のタイプ別にそれぞれのお手入れの方法をご紹介します。

濃い眉毛の手入れ方法

濃い眉毛を整える時は、まず自分の眉毛の形を把握することから始めます。

眉毛の形を把握したら、次に黄金比率に当てはめながら眉毛のメイクを施します。黄金比率とは、顔の骨格に合わせた眉毛を作る際に参考となる比率です。

きれいな形の眉毛を作るときは黄金比率を意識してください。

【黄金比率】

  • 眉頭と眉尻が平行になるようにする
  • 眉頭は目頭よりも少しだけ内側からスタートする
  • 眉山は黒目の外から目尻の間
  • 眉尻は小鼻と目尻の延長線上に置く

納得のいく形の眉毛に仕上げたら、メイクに併せてハサミやカミソリで整えていきます。毛量が多くても一気にカットせずに少しずつ整えましょう。なお眉毛が濃い方は、一度毛量を整えた後に再度全体を見ながら整えると細かい調整がしやすいです。

薄い眉毛の手入れ方法

優しく柔らかい印象がある薄い眉毛の方も濃い眉毛と同様に、整える前に黄金比率に当てはめてメイクをしておきましょう。眉メイクをしておくと形がはっきりするのでカットすべき部分が分かりやすくなります。

また、薄い眉毛の方は元々毛の量が少ないため、極力切ったり剃ったりすることを避けて整えるのがポイントです。眉ブラシスクリューブラシ、眉カット用のハサミやカミソリを使ってはみ出たムダ毛だけを丁寧に処理していきましょう。

眉毛の悩みはアートメイクで解決

形を整えるだけでは解決しない「薄い、生えてこない、形がいびつ」などの眉毛の悩みは、アートメイクで解決しましょう。

針で皮膚に色素を入れて理想の眉毛を作るアートメイクは、一度入れるときれいな眉毛を24時間キープすることが可能です。眉毛のデザインもプロの施術者がカウンセリング時に一緒に考えてくれるので、自分の顔に合った眉毛デザインに仕上がります。

また、すっぴん時の悩みだけではなく、朝のメイク時間を短縮するメリットもあるので、毎朝の準備に余裕ができる点も嬉しいです。他にも、汗をかいて化粧が落ちてもアートメイクは落ちないので、人目を気にしないで運動ができるというメリットがあります。すっぴん美人を目指すなら、ぜひアートメイクを活用してみてはいかがでしょうか。

ナチュラル眉毛ですっぴん美人を目指そう!

すっぴん美人になるためには、きれいに整った眉毛が必須です。自分の眉毛に合わせた整え方をマスターして、日頃からお手入れするよう心がけましょう。

また、「眉毛が薄い」「生えてこない」などの理由で化粧とすっぴんのギャップがあるという方には、アートメイクがおすすめです。ナチュラルメイクをしているような仕上がりになるため、すっぴんと化粧時のギャップがなくなります。

このように、たくさんのメリットがあるアートメイクですが、「一度入れると完全には消えない」「アートメイクは医療行為だから医療機関で受ける必要がある」という注意点もあります。アートメイクを受ける際は、失敗しないためにも慎重にクリニックを選ぶようにしましょう。

PAGE TOP