北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 眉毛の手入れを楽にするアートメイクの魅力と手入れのコツ
眉毛の手入れを楽にするアートメイクの魅力と手入れのコツ

綺麗な形の眉毛は、化粧で作るのではなく手入れ段階で5割は完成します。そのため、手入れを怠ってしまうと、いくら化粧が上手な方でも綺麗な眉毛を作ることができません。身だしなみを整える上で重要な眉毛の手入れは、定期的に行う必要があり、さらに形によって手入れの方法が大きく変わります。また、手入れでミスをすると、顔の印象が大きく変わり修正できないトラブルに陥ることもあるようです。
ここで、今回は眉毛の手入れに苦手意識がある方にもおすすめできる、簡単なお手入れのコツをご紹介します。

眉毛の手入れがやりやすくなる3つのコツ

最初に、眉毛の手入れで押さえておくとやりやすくなるコツをいくつかまとめました。「眉毛の手入れが大変」「難しい」と感じている方は、下記の3つのコツを実践してみてください。

 

1.トレンドの眉毛タイプをチェック

眉毛を手入れする際に先に決めておかなければいけない「形」。その形で迷ってしまってなかなか決まらない方も多いでしょう。その場合は、その時に人気があるトレンドの眉毛の形を押さえて手入れ方法をマスターすれば、旬の顔に近づけることができます。ちなみに、現在トレンドといわれている眉毛の形は「ストレートで太めの眉」「ふんわりとした薄眉」が人気です。

 

2.自身の骨格に合う眉毛の形を意識する

「常にトレンドを意識することは大変…」という方は、自分の顔の骨格に合った眉毛の整え方がおすすめです。骨格に合った形作りをする場合は、手入れの際に「眉頭と眉尻が同じ高さで」「眉尻・目尻・小鼻が一直線」「眉山と目尻が一直線」の3つのポイントを押さえておくと綺麗に仕上がります。

 

3.しっかり道具を使いこなす

眉毛の手入れがやりにくいと感じる場合、ちゃんとした道具選びができていなかったり、使い方が悪かったりすることがあります。カット時に使用するハサミはしっかり眉毛用を選び、細かい部分を剃る時はカミソリや電動シェーバーなどを活用して、手入れしやすい環境作りを心掛けましょう。

眉毛の手入れを楽にするアートメイク

上記では、手入れがやりやすくなるポイントを3つご紹介しました。しかし、上記のポイントを押さえて手入れを行っている上で、「もっと手入れの時間を短縮したい」「手入れの回数を減らしたい」と考えている方には、アートメイクの施術を受けることをおすすめします。こちらでは、アートメイクが眉毛の手入れを楽にする理由やアートメイクのメリットをいくつかまとめました。ぜひ、参考にしてください。

 

はみ出した部分をカットするだけでOKだから手入れが楽

アートメイクを施せば、ベースとなる眉毛の形を常に維持できるため、眉毛の手入れはベースからはみ出た眉毛をカットするだけで済みます。また、眉毛の手入れが苦手な方も簡単に整えることができるため、手入れの時間を大幅に短縮することも可能です。

 

自分の顔の形に合った眉をプロが作ってくれる

眉毛にアートメイクを施す場合、最初に担当医が顔のバランスを見て眉毛の形をデザインしてくれます。そのため、眉毛の形で悩んだり失敗したりする心配はなくなります。

 

長期間デザインを維持できる

アートメイクは皮膚に針を刺して色素を入れるため、簡単には消えることがありません。水に濡れても消えず、長い期間色やデザインを維持してくれるため、手入れだけではなく化粧を行う際の手間も減らしてくれます。

眉毛の手入れはアートメイクで簡単にしよう

綺麗な眉毛の形を保つためには、意外と手間がかかる眉毛の手入れを定期的に行わなければいけません。顔のパーツの中でも印象を大きく左右する重要なパーツである眉毛の手入れは慎重に行う必要があり、失敗できないというプレッシャーもあります。そんな眉毛の手入れをやりやすくして、日頃の眉毛の手入れが楽になればいいと考えている方も多いでしょう。眉毛の手入れで悩んでいる方は、ぜひ、今回ご紹介した手入れのコツを実践しつつ、アートメイクの施術も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP