北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 眉のデザインはどう決める?自然に仕上げるコツとは
眉のデザインはどう決める?自然に仕上げるコツとは

色落ちしない自然な眉を手に入れられるアートメイクですが、デザインはどのように決めているのか、施術後も自然な眉を保つにはどうすればいいのかなど、気になることがたくさんありますよね。今回は、その気になる疑問について、施術を担当する北村久美がお答えします。

美しい顔のバランスを元に眉の仕上がりイメージを決める

―初回カウンセリング時は、初対面の方に眉のメイクを行うわけですが、患者さんを見た瞬間にデザインのイメージが湧くものなのでしょうか?

北村「はい。人の顔には美しいバランスというものがあるので、そのバランスを意識することで、患者様のお顔を拝見した際、すぐにおおまかなイメージが湧いてきます。」

――そうなんですね!ちなみに美しい顔のバランスとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

北村「美しい顔のバランスは、お顔の3箇所の間隔で決まります。1つ目が額の髪の生え際から眉までの面積、2つ目が眉から鼻先までの面積、3つ目が鼻先から顎の先までの面積です。この3つの面積が等間隔なのが、最も美しく見えるバランスです。このバランスを意識しながら理想の眉をイメージし、メイクを行います」

眉の悩みもしっかり解決できる

――眉のデザインを決める際、お顔のバランスを見てイメージを膨らますとのことでしたが、患者さんとはどのようなお話をされるのでしょうか?

北村「眉を描くのが苦手で、忙しい朝はどうしても左右対称に描くことができないという方も多いですよね。まずは、患者様ご自身の骨格や筋肉の特徴について説明させていただきます。人の顔のバランスは左右対称ではないため、たとえ、定規で測って同じ長さにラインを引いたとしても左右対象の眉は描くことが難しいです。骨格のカーブや筋肉の微妙な凹凸などによって、正面から見た眉の長さが違って見えることもあります」

――だから眉を描く作業って難しいんですね。私も左右同じ眉を描くことができず、よく諦めてしまうことがあります(笑)

北村「そうなんですよね。眉の基本を作りお化粧の時は少し足してその時の流行りを楽しんでいただけるようにデザインをしています。

また、本来眉が生える部分に傷があり、上手くラインが引けないという悩みをお持ちの方もいます。そのような方には、アートメイクで傷跡を染色する方法を提案させていただきます。アートメイクを利用すれば、あたかもそこに眉が生えているかのように見せることができますよ」

 

アートメイク施術後のメイクについて

――アートメイク施術後は、どんな手順で眉のメイクを行えばよいのでしょうか?

北村「アートメイク施術後は、自然に描かれている状態です。そのためナチュラルなまま、メイクをしない方もいらっしゃいます。ですが、その日のお化粧や髪の色などに合わせて眉を濃く見せたいという方もいらっしゃるので、その場合は、アイブロウペンシルで少し足すことをおすすめします。」

――なるほど。形があるので少し足すだけなら簡単ですね!では、伸びてくる眉のお手入れはどうしたらいいのでしょうか?

北村「眉のメイクだけでなく、施術後に伸びてくる眉のお手入れも簡単です。アートメイクで描いた眉を基本とし、輪郭からはみ出る眉をカットするだけで、お手入れは完了します。このようなお手入れを時々行うだけで、自然な眉を保つことができます」

眉のデザインはどう決める?自然に仕上げるコツとは まとめ

ここまで、アートメイクにおける眉のデザインの決め方や、自然に仕上げるコツについて、北村久美がお答えしました。クリニックでは、患者様に最も合う眉を描くため、仕上がりイメージは美しい顔のバランスを元に決めていきます。また、患者様の眉の悩みに合わせた提案を行い、その方に合った眉を描いていくため、仕上がりはとても自然です。そして、眉のお手入れに関する説明を受けることもできるため、施術後も自分で簡単にお手入れを行うことができるようになります。

▼関連記事はこちら

▼北村先生からのワンポイントアドバイス

▼アートメイクの基礎情報はこちらから

▼男性にもおすすめのアートメイク

PAGE TOP