北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

Dクリニック東京 ウィメンズメディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 金曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 土曜日
    祝日
    10:00~14:00
    15:00~19:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

Dクリニック東京 ウィメンズ アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 【北村がお答えする】眉毛・アイラインアートメイクとタトゥーの違いとは
【北村がお答えする】眉毛・アイラインアートメイクとタトゥーの違いとは

アートメイクは、皮膚に針を刺して色素を入れるやり方で施術を行います。施術方法を聞いた際に「タトゥーと何が違うのだろう?」「アートメイクは安全なの?」と疑問に思った方は多いと思います。そこで、アートメイクとタトゥーの違いについていただいた患者様の質問に北村がお答えします。

アートメイクとタトゥーの違い

――アートメイクとタトゥーどちらも針を使用した施術方法ですが何か違いはあるのでしょうか?

北村「はい。アートメイクとタトゥーは施術に使用する器具や手法も違いますが、一番大きな違いは針を入れる深さです。アートメイクは自然な色に近づけることを重視しているので、皮膚の表皮層という部分に2~3回に分けて少しずつ色を入れていきます。しかしタトゥーは基本的に装飾を目的としているため、薄くならないように表皮層よりもさらに深い真皮層に針を刺して色を入れていきます。そのため、徐々に色が薄くなっていくアートメイクと違いタトゥーは半永久的に色が残ります」

――なるほど。タトゥーの方がより深い位置に針を入れて色をつけていたのですね。ちなみに、この針を刺す深さはアートメイクを施すサロンやクリニックではしっかりと守られているのでしょうか?

北村「アートメイクは医療行為なので、医師か医師の指示を受けている看護師しか施術することはできません。そのため、しっかりとした医療機関でアートメイクを施術すれば問題はないです。しかし、個人が経営するサロンの中には施術する資格を持っていない方がアートメイクを施す場合もあるので、トラブルを避けるためにも気をつける必要があります」

つまり、アートメイクとタトゥーは同じように針を用いて皮膚に色を入れる施術であるという点は同じですが大きな違いとして、タトゥーが半永久的に残るよう、皮膚のより深くに色を入れる一方で、アートメイクはタトゥーよりも浅い皮膚の表面部に色を入れるので数年で消えていくという特徴があります。

とはいえ、アートメイクも医療行為であり、リスクの伴う施術には変わりないので、きちんと資格を保有する医療従事者に施術してもらう必要があります。

過去には、個人で経営するサロンで眉毛やアイラインのアートメイクの施術を受けたところ、炎症や皮膚に消えない傷が残るなどのトラブルの発生例も多く報告されています。

自身がアートメイクを検討する際は、信頼できる医療機関をお選びください。

針を刺す位置が深くなるとリスクが高くなる?

――針を刺す深さでトラブルが発生するリスクも大きく変わりますか?

北村「アートメイクよりも深い位置に色を入れるタトゥーは、皮膚のハリを維持する弾性繊維(コラーゲン)や膠原線維(エラスチン)を傷つける恐れがあります。その他にも内出血や感染症といったトラブルの発生も注意が必要です」

つまり、タトゥーよりもアートメイクの方がトラブルが発生するリスクが低いということです。しかし前述したように、アートメイクも医療行為の一環であり、トラブルのリスクがゼロというわけではないことは認識しておいてください。

施術時の痛みについて

――タトゥーを入れる時に「とても痛い!」という感想をよく耳にしますが、アートメイクの痛みはどの程度でしょうか?

北村「施術箇所によって痛みの程度は異なりますが、毛抜きで毛を抜いた時の痛みを想像していただければ分かりやすいかもしれません。チクチクとした痛みはありますが、レーザー脱毛よりも痛みは弱いですが、痛みに弱い方は塗布麻酔などがありますので安心して施術を受けていただきたいです」

医療行為であるアートメイクについての詳細は、以下の記事を参考にしてください。

アートメイクで眉の美しさをキープする

前述の通り、アートメイク時の痛みについては、毛抜きで眉毛を抜く時や、脱毛をする時の痛みに例えられることがあります。施術が始まるまでに麻酔が効いているかを確認したり、施術中に麻酔が切れてきたと感じたらすぐに医師に報告するなどの対応をすることで、施術中の痛みを和らげることができます。

一方、タトゥーの痛みは、シャーペンやカッターで肌を削られている感覚に例えられることが多いです。実際、肌を深めに傷つけているのと同じなので、かなりの強い痛みが想像できると思います。タトゥーと比較すると、アートメイクはかなり痛みも少ないことがわかります。

アートメイクならではの利点

――最後に、北村さんが考えるアートメイクの利点を教えていただきたいです。

北村「タトゥーをしたい方とアートメイクをしたい方では、目的や動機は異なると思いますが、アートメイクの利点は、リタッチして変更や維持をしながらナチュラルに素顔の美しさを引き立てることができるという点です。そのため、年齢や流行に合わせた美しさを手に入れたいと考えている方にアートメイクをおすすめしたいです」

アートメイクは、忙しくても美をキープしたい女性の味方です。1人1人に合わせた黄金比率の眉毛や、アイライン、色づきリップを持続させることができます。

素顔の美人力アップを求める方には、ぴったりの手法です。タトゥーと同じようなものだからといって拒絶していた方にこそ、違いを知っていただいてアートメイクの魅力について知っていただきたいです。

眉毛のアートメイクのメリットについてまとめた記事がありますので、気になる方はぜひご覧ください。

眉毛のアートメイクのメリット

ここが違う!アートメイクとタトゥーについて まとめー

アートメイクとタトゥーそれぞれのリスクや痛みの違いについて解説しましたが、もう一度その違いをおさらいしましょう。違いをしっかり把握することでアートメイクに対する不安が解消され、安心して施術を受けることができます。

①入れる目的が異なる

タトゥーはファッションの1つと捉え、腕や脚にデザイン性のある柄や絵を入れる方が多いですが、アートメイクの場合は、メイクの手間を省き、薄い眉毛や小さな目元など、顔のパーツの悩みを解決できる手段のひとつです。

自分自身の素顔をより美しく魅せるという目的と、絵や柄をはっきりさせファッションとして装飾するという目的が、アートメイクとタトゥーの大きな違いになります。

②皮膚に針を刺す深さが異なる

アートメイクでは顔に施術をするので、自然に仕上がるよう皮膚の表皮層にしか針を刺しません。それに対し、装飾として肌に入れるタトゥーは、色素が薄くならないように深く真皮層に針を刺します。

そのため、皮膚トラブルのリスクの高さや、実際の施術中の痛みなどが大きく異なります。

③アートメイクは修正が可能

アートメイクは、半永久的に残り続けるタトゥーと違って2-3年ほどで薄くなってくるので、デザインが気に入らない時や変更したい時に、修正を行うことができます。

タトゥーのように「一生色やデザインが残る」と言われると、かなり重い決断に感じられますが、アートメイクはその点でタトゥーよりも気軽に挑戦することができます。

眉のデザインはどう決める?自然に仕上げるコツとは

④アートメイクは、プールや銭湯に入ることも可能

タトゥーをしていると、プールや銭湯に入ることをお断りされることもありますが、アートメイクは自分自身の素顔を引き立てるだけなので、拒否されることはありません。

またプールなどに入る場合も、理想的な眉毛やアイライン、唇をキープすることができるので、濡れることを躊躇わずに楽しむことができるでしょう。

しかし、いくらアートメイクとタトゥーに違いがあるといっても、体に針を刺すという点でトラブルのリスクがあることは同じです。施術を検討する際には、値段や手軽さだけではなく、しっかり医療技術と実績のある医療機関を選ぶことが重要です。

アートメイククリニックの選び方については、こちらの記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧下さい。

アートメイククリニックの選び方|ポイントを押さえれば失敗しない!

 

 

▼関連記事はこちら

▼北村先生からのワンポイントアドバイス

▼アートメイクの基礎情報はこちらから

▼男性にもおすすめのアートメイク

PAGE TOP