北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

眉のアートメイクのデザインについて

顔のパーツの中でも、その人の印象の8割を決めるのが眉といわれています。眉の形や生え方などには個人差がありますが、アートメイクの施術を受けることで、キレイで整った眉を手に入れることができます。
アートメイクを入れる時に重要なのが、「自分の顔や雰囲気に適した眉のデザイン」です。クリニックにて実際にデザインを入れるタイミングや、眉のデザインを決める時のポイントなど、事前にチェックをしておくことで、自分に最適なアートメイクをしてもらうことができます。

眉毛のデザインはいつ決める?

眉のアートメイクの効果

アートメイクの中でも特に施術希望者が多いのが、眉のアートメイクです。では、眉のアートメイクの施術を受けることで、どのような効果が得られるのでしょうか? 一番大きなメリットとして、自分で眉毛を描く手間を省けるということがあげられます。また、洗顔後や汗をかいた後でも眉が落ちることなく、怪我や病気などで眉毛が生えにくい場合でも、落ちない自然な眉をキープすることができます。

デザインを決める流れ

クリニックでの眉のデザインの作り方を順に確認しましょう。

カウンセリング
まずはカウンセリングを受けることからスタートします。専門の施術者と、アートメイクに関する効果と注意事項を確認します。

医師の問診
続いて、医師による問診を行ないます。異常がないことを確認します。

デザイン
再び専門の施術者が、患者様の希望やお顔の特徴などを考慮して、最適なデザインを決めます。

このとき、お顔の左右でそれぞれ異なるデザインの眉毛を描き、患者様に鏡を見ていただき確認を取りながらデザインを検討します。正面だけでなく、他の角度からも眉毛のデザインを確認しましょう。

アートメイクの施術
デザインが完成したら、いよいよアートメイクの施術に入ります。

眉のデザインを決める際のポイント

眉のバランス

眉のデザインを決めるには、「眉の太さ、濃淡、顔全体で見た時」の3つのバランスが重要となります。それぞれのバランスの特徴についてチェックしていきましょう。

眉の太さ

眉の太さですが、美しいといわれる黄金比があります。眉を3つに分けた時に、眉頭3:眉山2:眉尻1という比率にすると、眉頭から眉尻まで自然に細くなり、バランスのよい眉になります。

眉の濃淡

自然な眉にするために、眉頭の1cmほどはぼかしを入れましょう。そこから眉尻へとグラデーションを入れることで、ナチュラルで美しい眉毛に仕上がります。

顔全体と眉のバランス

顔全体を見た時に、バランスが取れていると感じる眉毛は、眉頭・眉山・眉尻の位置もポイントとなります。

  • 眉頭…小鼻と目頭を結ぶ線の延長線上
  • 眉尻…小鼻と目尻を結ぶ線の延長線上
  • 眉山…眉頭から眉尻の3分の2ほどで、黒目より外側に眉山のトップがくる

アレンジしやすいデザイン

眉のアートメイクを施すなら、「メイクをしたような仕上がり」よりも「素顔でも違和感なく美しい」と感じる眉にすることが大切です。そこで、ペンシルで眉に手を加えることで、印象を変えることができるデザインの一例をご紹介します。

小さめの眉にデザインする

眉のデザインを決める時に、眉尻を眉頭よりも少し上の位置、「少し眉が小さいかな?」という所で留めます。眉尻を描き切らないことによって、メイクで眉を描き足して形をアレンジして楽しむことができます。

  • 眉尻を足す…小鼻と目尻を結ぶ延長線上まで眉尻を書き足し、ベーシックな美しい眉毛に仕上げる
  • 眉山を足す…眉山を少し書き足し、眉尻も整えることで少し強い印象を与える
  • 眉頭と眉尻に足す…眉頭と眉尻と書き足し、黄金比のバランスを少し変えて真っすぐの眉毛に仕上げる
  • 眉山から眉尻にかけて足す…眉山を少し書き足し、眉尻を少し下げて書き足すことで、細アーチの女性らしい眉毛に仕上げる

眉毛のデザインに関する注意点

眉毛のデザインを決める際には、注意しておきたいポイントがあります。アートメイクの一番のメリットである「洗っても落ちない」という点ですが、これは一度施術を受けるとデザインの変更が難しいところです。そのため、太めの眉や、流行に左右されやすいデザインの眉毛にするのは控えましょう。

また、自分で色を染める眉ティントを施す方も増えています。しかし、眉ティントで皮膚を染めた状態では、本来の眉の形がわからず、デザインを決めることができません。アートメイクの施術を受けるなら、予約の1~2週間前から眉毛を抜く・剃るなどの手を加えることは控えて、そのままの状態でカウンセリングを受けるようにしましょう。

予約・お問い合わせはこちらから 

最適なアートメイクをしよう

眉のアートメイクのデザインの作り方についてご紹介してきましたが、自分に最適なアートメイクの施術を受けたいなら、デザインの決め方・作り方などを把握しておくことが大切です。それに加えて、注意しておくポイントを押さえることで、よりデザインを作りやすくするための準備ができます。ご紹介したデザインなどは一例ですので、気になる場合は、一度、クリニックに詳細を確認しておくことをおすすめします。

 

▼関連記事はこちら

PAGE TOP