北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 目を大きく見せる、アイラインのアートメイク
目を大きく見せる、アイラインのアートメイク

アイラインのアートメイク施術を受けた方の写真をみてみると、目の印象が強くなったように感じます。メイクでのアイラインよりは控えめな入れ方なのにこれだけパッチリとした目に見えるのですから、アートメイクはかなりお得な施術方法といえるのではないでしょうか。
施術を受けるメリットや技法や、他の患者様はどんな希望を施術時に伝えているのかなど、患者様が気になることをウィメンズヘルスクリニック東京の施術担当者、北村久美がお答えしました。

アートメイクを受ける患者様の悩みとは?

――早速ですが、アイラインのアートメイクを受ける方は、どんな悩みをお持ちなのでしょうか?

北村「メイクは女性にとって大事な身だしなみのひとつなので、公共の場に出る際はやはり『きれいに仕上げたい』と考えますよね。そのメイクの中で最も重要視するのは目だと思うのですが、『上手くアイラインが描けない』と苦手意識を持っている方も多いんですよ」

――確かに、アイラインは左右同じように描くことが難しいと思いますし、滲んでしまうという印象があります。

北村「そうですよね。アートメイクを希望される女性患者様の多くは、そのようなメイクの悩みを抱えていらっしゃいます。アイラインを描くことに慣れていないと、目の下にもインクが滲んで”パンダ目”になってしまう、なんてこともありますよね。そして、メイクの他にも『まつ毛が短い、少ないのが気になる』という方もいらっしゃいます」

――そのような悩みを持った方たちが施術を受けているのですね。

北村「はい。重要なアイラインをアートメイクで理想的に仕上げておけば、アイシャドウやマスカラを塗るのもうまくいきやすくなりますし、仕事や育児が忙しい女性にとってはメイク時間の短縮にもなります。そして、汗をかいてもアイラインが滲むことはないので、スポーツをする方にもオススメですね」

色やラインの太さについて

――女性は普段、アイラインのメイクをする際に、黒以外の色を使っている方もいると思うのですが、アートメイクの施術でも色を選ぶことはできるのでしょうか?

北村「アートメイクのアイラインの色は、黒のみになります。なぜなら、黒以外の色を使うと、もともと生えているまつ毛となじまないからです。メイクをしていない状態でもなるべく自然なアイラインになるように、黒以外の色を使うことはないですね」

――では、アイラインの太さも自然な見た目になるように調整しているのでしょうか?

北村「はい。ですが、アイラインの太さをあらかじめ決めてから施術をしているというわけではなく、その患者様に合わせて微調整しています。まつ毛の根元は一直線に並んでいるというわけではなく、微かにランダムに生えているため、その間を全て埋めていくと、1~1.5mmほどの太さになります。結果的に、これが自然な太さになります。ご自身のメイクではもっと太く描く方もいらっしゃると思いますが、アートメイクで同じような太さを求めてしまうと、お化粧をしていない場合はとくに不自然に目立ってしまうので、まつ毛の間を埋める幅のラインで完成します」

上・下・両方…人気な施術箇所は?

――アイラインの施術箇所には上か下だけ、またはその両方とありますが、ウィメンズヘルスクリニック東京では、それぞれどのくらいの割合で施術を受ける方がいるのでしょうか?

北村「そうですね、上だけに入れる方が70%、上も下も入れる方が30%といったところでしょうか。『下だけやりたい』という方はいらっしゃいませんね。

初めて施術を受ける方で、どの部分に入れようか迷っている方には、『まずは上だけ入れて、仕上がりをみて下も入れるか考えてみてはいかがでしょうか』とおすすめしています。気に入ったので下にも入れたいという方もいらっしゃいますし、上のアイラインだけの仕上がりが良く、これで充分満足しました、という方もいらっしゃいます」

施術を受けた患者様の感想は?

――施術を受けた方々はどのような感想を持たれますか?

北村「最も多いのが、『時短になる』『常に綺麗なアイラインが手に入る』という感想ですね。アイラインを目のキワに引くのは難しいですし、速い人でも片方で2分~3分はかかるので、時短につながるのでしょう。

患者様からうかがう『1日のメイク時間を●分節約できた』というお声は、およそ5~10分ですね。こだわってみっちりアイメイクをする方ほど、基本のアイラインができているとかなりの時間短縮になるようです」

――メイクの時間を短くできれば、気持ちにも余裕ができそうですね。

北村「そうですね。朝のメイクで失敗することがない、というだけで気持ちはかなり違いますよね。私もたくさん経験がありますが、アイラインを描くのに失敗して、拭き取って描き直したのにまた失敗して、時間がなくなってそのまま家を出るなんてスタートを切った日は、もうずっと憂鬱なんですよ(笑)。

でもアートメイクでアイラインをつくっておけば、失敗することもないので安心です。表情にも自信が出るので、朝のメイクもきっと楽しんでできるようになりますよ」

▼関連記事はこちら

▼北村先生からのワンポイントアドバイス

▼アートメイクの基礎情報はこちらから

▼男性にもおすすめのアートメイク

PAGE TOP