北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

アートメイクの無資格サロンによる被害

無資格でアートメイクの施術を行なう違法サロンでは、実際にどのような被害が出ているのでしょうか。国民生活センターに寄せられた被害報告を紹介します。

また、日本メディカルアートメイク協会が被害を減らすべく行なっている活動についても併せて紹介します。

無資格サロンによる被害例

国民生活センターには、アートメイクによる危害の相談・報告が寄せられています。
まずは、その危害例をみていきましょう。

【事例1:施術した箇所が化膿した】

アートメイクは医療行為であることを知りつつ、医院だと倍の費用がかかるので、友人の口コミで知った店で施術。
最初の施術では問題なかったが、2回目の施術後、施術した場所が化膿してしまった。皮膚科で診てもらったところ、使用した針や色素に問題があった可能性があると言われた。

【事例2:角膜が傷ついた】

フリーペーパーに掲載されていたエステサロンでアイラインの施術。施術中、痛みを訴えたにも関わらずそのまま施術され、軟膏のようなものを塗られて終わった。視野が曇っていたが、軟膏のせいだと言われて帰宅するも、痛みと涙が止まらずに救急で眼科へ。その結果、角膜が傷ついていることが判明した。

【事例3:かさぶたがいつまでも治らない】

アートメイクをしているサロンで、眉とアイラインの施術を受けた。以前、眉の施術を受けたときは1週間ほどでかさぶたが取れてきれいになったが、今回は1週間経っても取れない。さらに、右目のアイラインだけが濃すぎて仕上がりがおかしい。

【事例4:消毒が不十分なため腫れてしまった】

医療機関で受けるよりも安く済むという理由で、サロン経営をしている友人に眉毛のアートメイクの施術を依頼した。きちんと麻酔薬を眉に塗り、手彫りでアートメイクを入れてもらったが、施術後に眉が赤く腫れて痛みが出てきた。なかなか腫れが引かないため、気になって皮膚科を受診した所、消毒が十分にできていない状態で施術をしたのが原因だと言われた。

【事例5:施術中の激しい痛みとアイラインが二股に分かれてしまった】

知人に紹介された美容サロンでアイラインのアートメイク受けた。施術中に涙が出るほど激しい痛みを感じ、施術後も腫れが1週間続いた。腫れが治まった後に仕上がりを確認すると、目尻側でアイラインが二股に分かれており、カウンセリング時に話し合って決めたデザインとは異なる仕上がりになっていた。結局、修正のためにレーザー治療を受けた。

【事例6:刺青用の色素を使用しイメージと全く違う色に】

刺青とアートメイクを行っているお店で眉とリップのアートメイク施術を受けた。施術に使うカラーは薄茶色で自然な仕上がりをイメージしていたが、実際には肌の色になじまない明るめのオレンジ色になった。

また、併せて施術したリップも、ベタ塗りしたようなピンク色を入れられて、違和感がある仕上がりになった。 ずっとこのままなのか不安になり、何年か経てば薄くなるのか施術者に確認したところ、アートメイク用の色素ではなく刺青用を使用したため、色は薄くならないと言われた。

【事例7:まぶたにあざのような色が入った】

サロンでアイラインにアートメイクを入れところ、施術後の痛みと腫れが酷く、治まるまで数日かかった。腫れがひいてからまぶたを確認してみると、あざができたような仕上がりになっていた。サロンに問い合わせたところ料金を返金してもらえた。5~6年すれば薄くなって消えると言われた。

【事例8:希望と違うデザインを入れられた】

医師免許を持たないサロンでアイラインの施術を受けた。ナチュラルな仕上がりが良いとカウンセリング時に伝えていたが、目尻のラインが不自然にハネて違和感がある仕上がりになった。 さらに、「レーザーでは消すことができない色素を使用したから、修正するには肌色を入れて消すしかない」と言われた。

肌色を入れてアートメイクを修正するのは不安だったので、結局ハネが消えるまで我慢することにした。返金について尋ねたが、目尻のハネ以外はきちんと色が入っているためできないと断られた。

医療機関で施術することが大切

今回ご紹介した事例のほとんどは、「衛生管理がきちんとできていない」「技術が未熟」「医師免許を持っていない」などが理由で、長い期間痛みと腫れが続く、違和感がある見た目にされたという問題を引き起こしています。また、事例2のように「角膜が傷ついた」という深刻な例もあります。

こうした危害のほとんどは、医療機関以外の無資格サロンによるものだと考えられています。費用の安さや手軽さから無資格サロンを選んだ結果、病院での治療を余儀なくされるケースが後を絶ちません。

きれいな眉やアイラインを手に入れるどころか、受けた危害の治療のために、時間もお金も掛けることになるなんて嫌ですよね。
ご自身の身を守るためにも、医療機関での施術を選びましょう。

日本メディカルアートメイク協会の活動

日本メディカルアートメイク協会とは、より安心・安全なアートメイクを目指し、医師や看護師といった医療従事者を中心として2011年に発足した協会です。

医療機関以外でのアートメイクの施術が横行し、はじめに紹介したようなトラブルが相次いだことを受け、これに歯止めをかけるべく活動しています。

厚生労働省・国民生活センターとの連携や、報道機関への取材協力による正しい情報の提供をはじめ、美容医療技術向上のための活動も多く行なっています。

なお、日本メディカルアートメイク協会の正会員は、アートメイクの施術を行なっている医療機関及び、医療機関に所属する医療従事者です。日本メディカルアートメイク協会の公式サイトでは、正会員である医療機関を確認することができますから、アートメイクを受けられる医療機関探しに利用することができますよ。

ここで紹介した以外のアートメイクによる危害例や、アートメイクに関するQ&Aといった情報も掲載されているので、一度目を通しておくといいかもしれません。

なお、当院は日本メディカルアートメイク協会の正会員であり、施術者・北村は理事を務めております。

施術者紹介 | メディカルアートメイク | ウィメンズヘルスクリニック東京

アートメイクで被害を受けるリスクは自分で減らせる

残念なことに、アートメイクによるトラブルは未だに報告されています。
摘発はされているものの、無資格サロンの数も少なくはありません。2014年には、前年度の3倍もの違法アートメイク施術者が検挙されたそうです。

こうした問題を解決すべく、厚生労働省はもちろん、日本メディカルアートメイク協会も活動を続けています。
ですが、アートメイクによる危害を受けるリスクを減らすために、施術を受ける患者さまご自身ができることもあります。

  • アートメイクに関する正しい情報を調べる
  • メリットだけでなくデメリットもよく理解する
  • 無資格サロン・違法施術者による施術は受けない

たとえ、仲の良いご友人の紹介であったとしても、無資格サロン・違法施術者の施術は避けましょう。
これだけで、危害を受けるリスクはぐっと下がります。

「費用が安いから」「気軽に予約ができるから」といった安易な気持ちが、取り返しのつかない事態を招くこともあります。
大切なご自身の身を守るためにも、どうか医療機関で正しい施術を受けてくださいね。

▼関連記事はこちら

▼北村先生からのワンポイントアドバイス

▼アートメイクの基礎情報はこちらから

▼男性にもおすすめのアートメイク

PAGE TOP