北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 海やプール、スキー、温泉…季節のレジャー、スポーツを楽しむならアートメイクを
海やプール、スキー、温泉…季節のレジャー、スポーツを楽しむならアートメイクを

アートメイクを入れれば、スポーツやレジャーの場面はごく薄いメイクで、あるいはすっぴんで過ごすこともできます。この利点はシーズンスポーツや温泉、旅行シーンではとくに活躍します。

季節のレジャーやスポーツでアートメイクの長所が活きる場面と、その理由をご紹介します。

アートメイクは、どんな状況でも落ちない、きれいなメイク

最初に、アートメイクの基礎知識をざっとおさらいしましょう。

アートメイクは、皮膚の表皮層(肌の表面から0.2~0.03mm下の層)に色素を入れるメイクです。皮膚や眉毛・まつ毛の表面に塗って乗せる通常のメイクと違い、汗をかいても、顔を洗ったりメイク落としを使ったりしても、落ちることがありません。施術から2~3年ほど長持ちしますし、色が薄くなったらリタッチ(再施術)することでさらに長持ちします。

 

眉やアイラインのアートメイクは、ベースのメイクを上手に済ませたような状態を常に保ちます。眉とアイライン、両方のアートメイクをしていれば、メイクをしていないすっぴんのときでも、まるでナチュラルメイクを施したあとのように見えます。

このようなアートメイクの特徴が、季節のスポーツやレジャーの際にどんなメリットになるのか、具体的にご紹介します。

夏:海やプールでのレジャー、スポーツ時のアートメイク

暑さと湿気で汗をかきやすく、メイクが崩れがちな夏。水に濡れる水泳やマリンスポーツではなおさら心配です。でもアートメイクなら、よれたり崩れたりする心配がありません。自然体で過ごしながら、きれいな目元を維持できます。

 

また、元々の眉が薄い・少ない方は、プールで水泳やアクアビクスをしたくても、周囲の人の目が気になる、という悩みを抱えています。ウォータープルーフのメイクをすれば対策にはなりますが、ウォータープルーフのメイクは肌に強く密着し、あとで強いメイク落としを使う必要が出るため、肌に負担をかけます。また、プール利用時のメイクを禁止しているスポーツクラブも少なくありません。

アートメイクを入れれば、きれいな眉メイクを描いた状態を保てますから、プールの中で見た目を気にすることも、「ウォータープルーフのメイクをして、運動後に直して…」と手間をかけることもなく、プールでのエクササイズを楽しめます。

 

また、夏のマリンスポーツで「アートメイクをしてよかった」ととくに喜ばれるのが、スキューバダイビングのシーンです。大きめのゴーグルやアクアラングをつけるので、人目があまり気にならないのでは?とも思えますが、「潜る前後や海中で写真を撮ることが多いので、アートメイクしていて良かった」と経験者の方々はおっしゃいます。

メイクを抑えられるから、紫外線対策もしやすい

もうひとつうれしいのが、紫外線対策・UVケアをしやすいことです。

日焼け止めは数時間おきに塗り直すことで、高い効果を持続できます。ただ、一度メイクをしたあとで日焼け止めを塗り直すのは難しいでしょう。UVケア効果のあるファンデーションを塗るか、あるいはスプレータイプなどの使用法が限定されたアイテムを使うことになります。

ですが、アートメイクのみの、すっぴん状態で夏のシーズンスポーツを楽しむならば簡単です。休憩のたびに日焼け止めを塗り直すこともできますし、化粧水での保湿ケアも同様に行えます。

水泳、マリンスポーツなど夏のレジャー時の利点

・水中に入ったり、たくさん汗をかいたりしても目元はきれい

・肌への負担が強いウォータープルーフのメイクも不要

・写真を撮るときも目元が気にならない

・UVケアをしやすい

冬:スキー、スノーボードや温泉旅行時のアートメイク

雪山で楽しむウィンタースポーツ、スキーやスノーボードのときもアートメイクは活躍します。

 

雪山の気温は低いものの、防寒ウェアをしっかり着込んだ体はかなりの汗をかきます。またゴーグルを装着すると、顔に汗をかきがちです。通常のメイクなら、すぐにもメイク崩れが起こりやすい状態です。

ですが、アートメイクを入れていれば、目元のメイクは軽めに済ませるだけで、あるいはメイクなしでOK。目元のメイク崩れの心配は激減しますし、気になったときには汗を拭えます。

 

また、晴れた日の雪山では雪焼け対策が重要になりますが、目元はアートメイクのみ・ノーメイク状態にしていれば、夏のレジャー時と同様に、UVケアアイテムの塗り直しを気軽にできます。

すっぴんのレベルが上がるから、温泉旅行もさらにリラックス

どうしてもすっぴんになる時が訪れる温泉旅行。でも、アートメイクをすればすっぴんに自信がもてますから、心配は要りません。お友達や恋人を待たせて一生懸命メイクをし直すこともなくなります。携行するメイク道具が少なく済むのもメリットです。

温泉旅行時のアートメイクのメリットについては以下の記事もぜひ参考にしてください。

温泉旅行も怖くない!すっぴん披露を回避する湯上がりメイク術

スキーやスノーボード、温泉旅行など冬のレジャー時の利点

・ウェアやゴーグルのせいで汗をかいても、目元のメイク崩れの心配がない

・雪焼け対策のUVケアをしやすい

・温泉旅行でも入浴前後のすっぴんが怖くない

・少ないメイク道具で済み、旅行の荷物もコンパクトに

マラソンなど、かなり汗をかくスポーツ時のアートメイク

アートメイクは長距離マラソンなどの、汗をたくさんかく有酸素運動にも最適です。競技中はもちろん、走り終えたあとも、疲れを押してメイク直しすることなく、そのままくつろいでクールダウンすることができます。

ウィメンズヘルスクリニック東京の患者様には、フルマラソンやトライアスロンにも参加するアスリートの方もいらっしゃいます。

 

ジョギング、ランニング時のアートメイクのメリットについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

汗にも強いメイクとは?ランニング時にはアートメイクがおすすめ

アクティブにレジャーを楽しみたい方はアートメイクを

「落ちない、きれいなベースメイク」であるアートメイクは、毎日のメイクの仕上がりの質を上げて、手間と時間をぐっと減らします。また、ノーメイクでもきれいでいられることも、うれしいポイントです。

 

また、汗や水分でも落ちないことから、シーズンスポーツの場でも便利です。海やプールなどで楽しむとき、意外と汗をかくスキー場に行くときも、きれいな目元を保てます。濡れたり擦ったりしてもまったく問題ありません。ノーメイクでも過ごせますので、ラクなだけでなく、紫外線対策の日焼け止めの塗り直しや、化粧水での保湿ケアもいつでもできます。

ふだんのお仕事やお出かけでも、休日のレジャーの場面でも「ラクしてきれい」を実現するアートメイク。アクティブな女性に強くおすすめします。

▼関連記事はこちら
アートメイクでベストバランスの顔を手に入れる
アートメイクで眉の美しさをキープする
知っておきたいアートメイクのメリット・デメリット
眉はアートメイク誕生のきっかけ?

PAGE TOP