北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

Dクリニック東京 ウィメンズメディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 金曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 土曜日
    祝日
    10:00~14:00
    15:00~19:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

Dクリニック東京 ウィメンズ アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > アートメイクの色落ちを防ぐ、効果的なメンテナンス方法とは?
アートメイクの色落ちを防ぐ、効果的なメンテナンス方法とは?

せっかくアートメイクで理想通りの眉毛や、アイライン、唇になったとしても、すぐに色が落ちてしまったら悲しいですよね。アートメイクを一度入れたら、メイクなどの手間が不要になることが最大のメリットではあるものの、やはり長持ちさせるためには、最低限のメンテナンスが必要です。

この記事では、アートメイクの色落ちを防ぐ、効果的なメンテナンス方法について3つご紹介させていただきます。また、どれだけ丁寧なメンテナンスをしても、2-3年経つと薄くなってきてしまうので、色が落ちてしまった際の対処法についても併せてお伝えさせていただきます。

⒈ アートメイクの色落ちを防ぐ!効果的なメンテナンス方法

①複数回施術する

初回のアートメイクで、完全に色を入れることはかなり難しいので、できれば2回から3回に分けて、数週間ごとに複数回施術をすることをオススメします。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)では、基本的に全てのコースで、初回施術を3回から設定しているので安心です。

②ピーリングには要注意

アートメイクでは、皮膚そのものに色を入れていくことになるので、皮膚のターンオーバーによって自然と色は薄くなっていきます。そのため、できる限り色落ちを防ぐには、ターンオーバーを促進するピーリングなどを避ける必要があります。

ピーリング効果のあるクレンジングやエステはなるべく控えて、保湿を中心にスキンケアをしていきましょう。

また、新陳代謝を促進するドリンクや、サプリメントも摂取しすぎると、色が薄くなるスピードを早めてしまう可能性があるので注意が必要です。

③なるべく日焼けを避ける

日焼けというのは、皮膚が炎症を起こしている状態のことなので、肌は炎症を直すためにターンオーバーを早めます。 そうすると、せっかく入れた色が薄くなってしまうので、できる限り日焼け予防に務めることをオススメします。 眉毛やアイラインにアートメイクを施した方は、なるべく夏の外出の際はサングラスかけたり、唇にアートメイクを施した方は、日焼け止め効果のあるリップを使用するようにしてください。

⒉ 色落ちしてしまった際の対処法とは

しかし、どれだけ丁寧なメンテナンスを行っても、時間が経てば必ず色は薄くなっていきます。個人差はありますが、平均すると、2-3年でかなり色が薄くなってくると言われています。

そこで次に、色落ちしてきた時の対処法をご紹介いたします。

①半年〜1年に1回、リタッチにいくのがオススメ

色落ちは、全部一気に消えていくのではなく、少しずつまだらに色素が薄くなっていくので、綺麗な色をキープするためには、半年〜1年に1回同じ場所に色を入れる、リタッチを行いましょう。

色が完全に消える前であれば、施術をする担当者もどこに色を入れるのかすぐにわかるので、リタッチにかかる時間も短縮できます。

また、メイクのトレンドに合わせて、毎回微調整を行うこともオススメです。眉毛などは特に流行の太さが変化しますし、アイラインなどは自分自身の気分の変化もあるので、「今年はどんな顔にしようかな」と考えるのも楽しみの一つではないでしょうか。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)では、安心してアートメイクを楽しんでいただくために、リタッチの料金をかなり低価格に設定しています。例えば、眉の形にグラデーションをつけながら色を入れる、パウダーグラデーションという施術の場合、21,600円でリタッチを行うことができます。

さらになんと、デザイン変更の場合も同料金なので、「来年には気分が変わっているかもしれない」という方も安心です。

②メイクでカバーする

「色が薄くなってきたけど、リタッチになかなか行けない」 そんな時は、メイクでカバーしましょう。アートメイクが完全に消えることはありません。薄っすらとでも色が見えていれば、そこに上乗せするだけでいいので、通常のメイクよりも時間短縮させることができます。

また、色が完全に薄くなっていなくても、気分でメイクを変えたい時のために、初めからなるべく流行に左右されないナチュラルな色や形を入れておき、プラスアルファのメイクで自由に雰囲気を変えられるようにしておくことがポイントです。

③色が不要になった場合は、レーザーで除去

気分の変化や、環境の変化によって、アートメイクの色を完全に消したい場合は、レーザーで除去することもできます。

レーザーは医療行為なので、できる限りアートメイクを施したクリニックに相談することをオススメします。

除去したあとは、しばらく赤みが出たり腫れてしまうこともあるので、除去するかどうかの判断は慎重に行いましょう。

⒊ アフターフォローの丁寧なクリニックを選ぼう

アートメイクをすると、毎日のメイクの手間が省けて、どんな時でも理想の顔でいられるということは、女性にとって夢のように嬉しいことでもありますが、その分リスクがあったり、日常生活でのメンテナンスが必要だったりします。

だからこそクリニック選びの際は、値段の安さだけで決めず、丁寧なアフターフォローをしてくれる、信頼できるクリニックを選びましょう。

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)では、メディカルアートメイク歴25年以上の看護師の元、徹底された衛生管理がされているので、安心して施術を受けることができます。

クリニック選びに悩んでいる方は、まずは気軽にご相談にお越しください。

▼関連記事はこちら
アートメイクでベストバランスの顔を手に入れる
アートメイクで眉の美しさをキープする
知っておきたいアートメイクのメリット・デメリット
眉はアートメイク誕生のきっかけ?

PAGE TOP