北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

Dクリニック東京 ウィメンズメディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 金曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 土曜日
    祝日
    10:00~14:00
    15:00~19:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

アートメイクで眉の美しさをキープする

アートメイクの最大のメリットは、落ちないということですが、ほかにもメリットはたくさんあります。ここではアートメイクを施術することのメリット、人気の高いパーツとその理由などを紹介していきます。

なぜ、アートメイクなのか

そもそもアートメイクとは何なのかといえば、「落ちないメイク」です。

 

こすっても汗をかいても顔を洗っても落ちる心配がなく、メイクした状態をキープできます。これにより身支度にかかる時間を短縮できる他、メイクに失敗することもありません。時間や心に余裕を持てるだけでなく、「メイクがなかなか決まらない!」というストレスからも解放されます。また、すっぴん時とメイク時のギャップも少なくなるため、スポーツやプール、温泉などのシーンでもすっぴんを気にせず楽しむことができます。

アートメイクの中でも、眉への施術は人気があります。眉は顔の印象を決める重要なパーツでありながら、女優さんやモデルさんのようにバランス良く美しく仕上げるのが難しいと言えます。うまく描いたつもりでも全体を確認したら「左右の長さが違った」「形が揃っていない」という経験がある方も多いのではないでしょうか。
眉をアートメイクで作ってしまえば、メイクが苦手な方でも美しい眉をキープできます。またアートメイクをガイドラインにしてお手入れをすれば、お手入れのしすぎやお手入れ不足になるということもありません。
上記のような理由から、眉のアートメイクが注目されているのです。

こちらでもアートメイクについて、詳しく解説しております。

メディカルアートメイク | ウィメンズヘルスクリニック東京

アートメイクとタトゥーの違い

アートメイクとタトゥーは、どちらも皮膚に針で色素を入れる医療行為という点では同じです。しかし施術に使用する手法や器具など、異なる点もあります。

大きな違いは、針を刺す深さです。アートメイクは皮膚の表皮層まで針を刺して色素を入れます。入れた色は数年かけて徐々に落ちるというデメリットはありますが、自然な仕上がりになるのに加え、痛みやリスクが少ないというメリットがあります。
一方タトゥーの場合は、真皮層まで針を刺して色素を入れます。色は半永久的に残りますが、失敗すると皮膚のハリを保つコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまうことがあり、内出血や感染症のようなトラブルの不安がある他、痛みもあります。

このように、針を刺す深さの違いによってメリットとデメリットが異なります。

他にも、施術の目的も異なります。アートメイクはメイクの手間の短縮や顔のパーツの悩みを解決するために施術を受ける方が多く、タトゥーはファッションとして楽しむ目的で入れる方が多く見られます。

“アートメイク”と“メディカルアートメイク”

ウィメンズヘルスクリニック東京での施術は、“メディカルアートメイク”です。なぜこのような呼び方をしているかというと、ウィメンズヘルスクリニック東京が医療機関であり、看護師が施術を担当するから。

本来アートメイクは医療行為であり、医療機関で医師または看護師・准看護士の資格を所有する者でなければ施術してはいけないものです。もし、医療機関以外で医師または看護師・准看護士でない者が施術を行なっているところがあれば、それは違法なサロンということになります。最近では、「医療機関と提携しています。」などという謳い文句を掲げるサロンもあるようですが、これも違法です。

しかし残念なことに、こうした違法サロンの数は少なくありません。そして、アートメイクが医療行為であるということを知らない、料金の安さだけを重視するといった理由から違法サロンを利用してしまう方も少なくありません。一時期は、違法サロンを利用したことによるトラブルが相次ぎ、「アートメイクは危険なもの」という誤った認識が広まってしまったほどです。

アートメイクは医療機関にて医療資格を持つ者による適切な施術でなければ、肌トラブルや感染症を引き起こす恐れがあるもの。こうした事態を避けるためにも、アートメイクを施す際には“メディカルアートメイク”であることをご確認ください。

眉のアートメイクで起こったトラブル事例

医師・看護師免許を所有していない施術者の元でアートメイクを受けたことで、さまざまなトラブルが発生しています。2006年~2011年までに起こったアートメイクのトラブルは121件あり、例えば以下のような事例があります。

    • 施術後に眉が化膿して腫れあがった
      クリニックではなく、友人の紹介で知ったお店で眉のアートメイク施術を受けた30代女性の事例です。1回目の施術を無事に終えたものの、2回目から施術部位に化膿が見られたので皮膚科を受診したところ、施術に使われた針や色素に問題がある可能性を指摘されました。化膿後に腫れも生じたため、女性は仕事を欠勤しています。

 

    • 施術から一週間が経過しても痛みが治まらない
      アートメイク施術後に痛みと腫れが現れた40代女性の事例です。事前のカウンセリングでダウンタイムについて説明を受けたものの、施術中から痛みが発生したのに加え、予定の期間を超えても痛みと腫れが治まらないというトラブルが生じています。痛みと腫れは1週間ほど続き、腫れがある恥ずかしさから女性は外出を控えざるを得なくなりました。

 

    • 角膜が傷つき、視野が曇った
      フリーペーパー広告に記載されていたサロンにて、アイラインのアートメイクを受けた30代女性の事例です。施術中に痛みを訴えたが聞き入れてもらえず、また施術後に視野の曇りを訴えるも「術後に塗布した軟膏によるもの」と説明されて女性は帰宅します。しかし痛みと涙が止まらなかったため眼科を受診したところ、角膜が傷ついていることが判明しました。

 

    • 目の下に色素が入ってしまった
      サロンでアイラインのアートメイクを受けた30代女性の事例です。施術中に強い痛みを感じて思わず目を閉じたせいで施術に使う針が下まぶたに刺さり、色素が入ってしまうケースです。女性は施術後に医師を紹介されますが、施術を受けても完全に抜ける保証はなく、さらにまつ毛が抜ける可能性があると忠告を受けてしまいます。

 

  • かさぶたが治らず、眉のラインもおかしい
    サロンにて眉とアイラインのアートメイク施術を受けた30代女性の事例です。施術から1週間が経過しても眉のかさぶたが治らず、またアイラインの色が左右で違っていたため、女性はサロンにクレームを伝えました。結果、除光液での修正施術を提案されますが、サロンの技術力に不安を感じた女性は施術をためらってしまいます。

トラブルの原因とは?

医師の診断を受けなかったり、専門知識を持つ医師や看護師以外から施術を受けたりすることでトラブルが起きやすくなります。
確かな専門知識を持っていないことで施術に使う針の衛生管理が不十分だったり、色素の安全性が確認されていなかったりすることがあり、これにより感染症やアレルギーが発生してしまうのです。また痛みや刺激による体調不良を引き起こす危険や、技術不足による施術不良の危険もあります。
トラブルを防ぐためには、医師の診断を受けた上で専門知識を持つ医師や看護師から施術を受けることが大事です。

 

ウィメンズヘルスクリニック東京には、日本メディカルアートメイク協会理事の看護師が在籍しています。施術を担当する看護師は知識と経験が豊富で、約7,000件の確かな実績があるため安心して任せることができます。
さらに、アートメイクの前には医師が皮膚の状態を観察し、施術を受けても問題がないかどうかを判断します。例えば使用する色素に対して強いアレルギー反応があったり、ケロイド体質であったりすると施術をお断りするケースもあるなど、施術前の安全管理を徹底しています。

 

もちろん、施術に使用する針やキャップなど、肌に触れるものは全て使い捨てです。事前に医療的な観点から適切な消毒を行っているため、感染症などのトラブルの心配もありません。
ウィメンズヘルスクリニック東京は、カウンセリングやデザイン決め、施術など全ての工程において安全性を意識しているのに加え、アフターフォローも万全なので安心して施術を受けることができます。

ウィメンズヘルスクリニック東京の眉へのこだわり

 

経験豊富な看護師が、施術前に丁寧なカウンセリングを行いますので、自分に似合う眉が分からない、眉のデザインがイメージできないという方でも安心して任せることができます。もちろん、希望に合わせて流行や好みを取り入れることもできますが、基本的には骨格や筋肉の動きをみて最適な形を決めていきます。
なぜなら、骨格や筋肉に合わせた眉というのは、ご本人様が持つ本来の魅力を最大限引き出してくれるからです。ウィメンズヘルスクリニック東京では“今流行の眉”であることよりも、“ご本人様に一番似合う眉”であることを重視しています。“誰かの真似をした眉”ではなく、“あなただけの眉”で、より魅力的な表情を引き出していきましょう。

 

また、一般的なクリニックでは1~2回の施術でアートメイクを仕上げますが、ウィメンズヘルスクリニック東京では、3回に分けて施術を行います。より自然なグラデーションを出せるだけでなく、お客さまとコミュニケーションを重ねることで、ご希望やお好みを正確に把握するためでもあります。アートメイクは一生ものなので、手っ取り早く1度で完成させるのではなく、時間をかけて美しい眉に仕上げていくことが大切です。

ご予約・お問合わせはこちら

 

▼関連記事はこちら

▼北村先生からのワンポイントアドバイス

▼アートメイクの基礎情報はこちらから

▼男性にもおすすめのアートメイク

PAGE TOP