北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

Dクリニック東京 ウィメンズメディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 金曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 土曜日
    祝日
    10:00~14:00
    15:00~19:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

Dクリニック東京 ウィメンズ  アートメイク >  アートメイクの部位別お役立ち情報 >   >  眉アートメイクの痛みはどれくらい?痛みの程度や男女差、麻酔の効果をご紹介

眉アートメイクの痛みはどれくらい?痛みの程度や男女差、麻酔の効果をご紹介

公開日:2018年04月20日 更新日:2020年06月09日

アートメイクを経験したことがない方にとって、気になるのが施術の際の痛みです。インターネットに書き込まれた口コミをみると「たいしたことはなかった」というコメントとともに、「痛くて脂汗と冷や汗が出た!」「痛みに耐えられず中断した。再開したくない……」と両極端に意見が分かれています。そのため、一体どちらの意見が本当なのか?と不安になってしまう患者様もいらっしゃるかと思います。
アートメイクの痛みのレベル、そして痛みを和らげる麻酔に関する患者様からのご質問に、Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)の施術担当者、北村久美がお答えしました。

痛みの男女差について

―― アートメイク施術を受けるときの痛みの感じ方には、男女で差があると聞いたのですが……?
北村「はい、私は男性・女性両方の患者様の施術を担当していますが、痛みの感じ方に関しては、女性よりも男性のほうが敏感という傾向があります」

―― 男性の方が痛みに敏感だとは、意外に感じました。
北村「そうですね、違いはあるにはありますが、あまりご心配なさらないでください。『痛そうだから』という理由で施術をあきらめるほどではないと考えています。実際、施術後には『想像していたよりずっと痛みは感じなかった』とおっしゃる患者様ばかりですから、ご安心いただきたいです」

手彫りと機械彫り、どちらが痛みを感じやすい?

――手彫りと機械彫りでは、どちらが痛みをより感じやすいのでしょう?
北村「痛みに弱い方は、どちらが痛みを感じやすいのか気になりますよね。一般的には『機械彫りの方が痛みを感じにくい』と言われています。なぜかというと、機械彫りは手彫りと違って、皮膚に針を同じ深さで刺すことができるからなのです」

――手彫りでは、同じ深さで刺すことができないのですか?
北村「すべてを同じ深さで刺すことはかなり難しいですね。専用の器具を使用して手で彫る技法は、施術者の腕の良し悪しがダイレクトに伝わるため、なかには痛みを感じる方もいらっしゃいます。どれだけ気をつけて施術を行っても、少々深めに針を刺してしまうこともあるのです。しかし技術をしっかりと身に着けている施術者を選べれば、必要以上に痛みを怖がる必要はありませんよ。『痛みに弱いけれど手彫りのアートメイクを受けたい』と考えていらっしゃる方は、麻酔を活用してみてください」

手彫りと機械彫りの違いについてはこちらで丁寧に解説しております。
アートメイクの機械(マシン)彫りと手彫りはどちらがおすすめ?

痛みの程度について

―― よく口コミなどで、「耐えられないほど痛かった」「大したことはなかった」などのコメントを見かけます。同じ施術方法でも個人差でそこまで痛みの度合いは変わるものですか?

北村「はっきりしたことはわかりませんが、『耐えられないほどの激痛』という口コミは、おそらくタトゥーに関するものか、タトゥーの技法で眉を描こうとした違法なサロンでの危険な施術行為によるものではないかと思います」

―― 本来のアートメイクの技法であれば、激痛というほどの痛みはないということですね。

北村「はい。アートメイクは皮膚の浅い部分、表皮部分を針で染色する作業なので、激痛を伴うレベルではありません。ちょうど毛抜きでピッと毛を抜くときくらいの感覚で、ケガや太い針での注射とは比べるまでもないくらい軽いものです。

また、『男性と女性では痛みの感覚が違う』とご説明しましたが、もうひとつ、少し男性に不利な理由があるとしたら、ふだんの眉のお手入れ方法が要因だと思います。男性は女性よりも眉毛を抜く機会が少なく、眉毛あたりに連続してチクリ、チクリとした痛みを感じ続けることに慣れていません。ですから、実際の痛みの感覚よりどうしても『痛そう』『怖い』という恐怖心が出て、気になってしまうのではないでしょうか」

痛みを和らげる麻酔の効果

―― 痛みが怖い場合は麻酔を使用することもできるようですが、ほとんどの方が麻酔を使用しますか?
北村「女性の眉アートメイクの場合、麻酔を使用する患者様は10人中1人か2人くらいですね。男性の場合は10人中9人の方に麻酔を使用します」

―― 麻酔使用率は男性が圧倒的に高いですね。
北村「『麻酔はしないでほしい』とのお申し出がなければ、麻酔を使用しますね、とご承諾を得てから施術を始めています。そうすることで『毛を抜くときくらい』よりもさらに痛みが和らぐので、『痛い、怖い』という気持ちも抑えることができます」

―― ちなみに、麻酔をしても痛みに耐えられなかった方はいらっしゃいましたか?
北村「いらっしゃいません。ですので、本当にご安心いただければと思います。
これはとても稀な事例なのですが、患者様のご希望で、外科手術で使う、全く痛みを感じなくなる局所麻酔を使用したことがあります。ただ、これはかなり異例な処置です。私がアートメイクの施術をしてきた25年間でも行なったのは2名だけでした」

――麻酔の効果は施術が終わるまで続きますか?
北村「麻酔を使用すると完全無痛になることがほとんどです。その効果は施術終了まで続く人が多いですが、なかには施術の途中からチクチクとした痛みを感じ始める人もいます。麻酔が切れてしまうんですね。しかしその場合、『痛みが出てきた』と仰っていただければ、麻酔を追加することも可能です。早めに仰っていただけるとそれほど痛くない段階で追加の麻酔を打てるので、すぐに痛みを感じなくなりますよ。我慢せず、お気軽にお声がけくださいね」

どうか、痛みを心配なさらないでください

―― 最後に、アートメイクの施術をしたいけれど痛みが心配……という男性に、ひとことお願いします。
北村「『痛そう』『心配』という不安なお気持ちはわかります。でも、今まで『痛いので止めてください』と施術を中止した患者様はひとりもいらっしゃいません。当院では、患者様の不安に寄り添い、できる限り痛みの少ない施術を心がけております。痛みについてはあまり心配しすぎないで、安心してアートメイクを受けていただきたいです」

施術後の痛みはあるの?

次に、施術時の痛みをクリアできたとしても、施術が終わって麻酔が切れてきた頃に痛みが出るのではと、不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。そこで次は、施術が終わった後の痛みの可能性について解説していきます。

結論からいうと、施術後に痛みが出ることはほとんどありません。アートメイクで色を入れたあとは皮膚が傷ついている状態ではあるので、かさぶたができたり、その過程でムズムズとしたかゆみを感じたり、ほんの少し赤く腫れることもありますが、1週間程度すると落ち着いていきます。

クリニックで処方される保湿クリームや軟膏、薬局で販売しているワセリンなどのクリームを1日に複数回塗り直すなどアフターケアは必要ですが、痛みを感じることはほとんどありません。

稀に、かさぶたを無理やり剥がしてしまったり、プールや温泉など人の多い水場に浸かることで雑菌が入って炎症を起こすこともあります。しかし施術直後の注意点をきちんと守っていれば問題ないので、事前に確認しておきましょう。
アートメイクを受ける前に要チェック!施術後のダウンタイムについて

■ 男性の眉アートメイク、痛みが心配…どのくらい痛いの? まとめ

アートメイクでは、女性と比べて男性の方が痛みを感じやすいです。しかし、痛みの程度としては毛抜きで毛を抜く程度。もしあなたが痛みを感じやすく、『痛みが怖いからアートメイクはできそうにない』と考えていらっしゃるのであれば、麻酔を活用してください。基本的にはクリーム麻酔を使いますが、局所麻酔を投与することも可能です。

どれほど説明を受けても、アートメイクの施術に伴う痛みの度合いがわからないと不安を感じていらっしゃる方がいるかもしれません。しかしご安心ください。当院では経験豊富なプロがじっくりと時間をかけてカウンセリング・施術を行いますので、フォロー体制はしっかり整っています。

痛みについてはあまり考えすぎず「初回カウンセリングで痛みについて相談しよう」「麻酔は念のためやってもらおう」というくらいのお気持ちで、一度クリニックに足を運んでみてください。

この記事の監修者

北村 久美先生
北村 久美先生

メディカルアートメイクトップアーティスト(看護師)。メディカルアートメイク暦27年、施術件数約8,000件の豊富な知識と経験を持ち、たくさんの患者様から信頼を得ている。カウンセリング→デザイン→施術→アフターフォローまで全てを担当。通常業務の傍ら、日本メディカルアートメイク協会の理事、事務局長として活動をしている。

施術者情報はこちら

関連リンク

料金表

料金表

料金表

施術例

料金表

よくある質問

Dクリニック東京 ウィメンズ  アートメイク >  アートメイクの部位別お役立ち情報 >   >  眉アートメイクの痛みはどれくらい?痛みの程度や男女差、麻酔の効果をご紹介

PAGE TOP