北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

アイラインのアートメイクのメリット

目元は顔の印象を大きく変えることができるパーツです。そのため、アイラインのメイクは時間をかけて丁寧に行います。しかし、毎朝仕事へ向かう前の準備や、お出かけ前の準備などで毎回時間がかかると大変でしょう。そのため、メイクの時間を短縮して常に綺麗なアイラインを維持することができるアートメイクの施術を受けてみたいと考えたことがある方は多いと思います。

そこで今回は、アイラインのアートメイクに関する知っておいてほしい情報をまとめたので「アイラインのアートメイクってホントにいいの?」と疑問を持っている方は、是非、ご覧ください。

アイラインのアートメイク施術を受けるメリットとデメリット

針を使用して皮膚に色素を入れていくアートメイクには様々なメリットがあります。
しかし、アートメイクにはメリットだけではなく、デメリットも存在するので、施術を考えている方はしっかりとアイラインのアートメイクを受けた際のメリット・デメリットは把握しておきましょう。

どのようなメリットが得られるのか?

アートメイクでアイラインを入れるメリットはたくさん存在します。得られるメリットをいくつかご紹介していきます。

目元の印象を強くして目を大きく見せることができる

まず得られる大きなメリットは、顔の印象を変えることができるという点です。アイラインを入れることで、まつ毛とまつ毛の間の隙間が埋まり、まつ毛の量が増えたように見せることができます。
まつ毛の量が多く見えると目元の印象が代わり、「目力が強くなる」「顔の雰囲気が変わる」「顔のメリハリがつく」などの効果を得ることができます。

メイクの時間を短縮する

アートメイクでアイラインを入れた場合、顔の雰囲気を変える他にも日頃のメイクの時間を短縮できるというメリットがあります。毎日時間がかかってしまうアイラインのメイクも、アートメイクであらかじめ入れておくとラクに綺麗に描けるようになるので、朝の準備がスムーズに進みます。

また、素顔でも綺麗なアイラインを保つことができるという点はメイクが苦手な方にとって大きなメリットになるでしょう。

メイクが落ちても目元の印象は残せる

夏の汗やスポーツで化粧が落ちやすい環境の中でも、アイラインが落ちる心配をしなくていいのはメリットになります。化粧が落ちてしまうと、落ちるたびにお手洗いなどで化粧直しをする必要がでてくるので、純粋にプールや海を楽しめない方も多いでしょう。しかしアートメイクなら、落ちる心配がないので安心して全力で楽しむことができます。

どのようなデメリットが発生するのか?

ここまで、アイラインのアートメイクの施術を受けることで得られるメリットをご紹介してきました。
しかし、アートメイクにはメリットだけではなく、デメリットも存在するのでどちらも把握しておく必要があります

一度入れたアートメイクは完全には消えない

アイラインだけではなく、全てのアートメイク施術で言えることなのですが、一度アートメイクを入れた箇所は、徐々に薄くはなりますが元通りになるわけではありません。そのため、施術の判断やクリニック選びは慎重に行う必要があります。

また、顔は加齢に伴い変わっていくので、アイラインのメイクの仕方も変化していくことを考慮してデザインを考えるようにしましょう。

施術後に目元が腫れる恐れがある

アイラインに施術を施した際に、施術箇所が腫れてしまう可能性があります。基本的に腫れは次の日の夕方までにはおさまるので、腫れの見た目が気なる方は施術日と翌日に予定を入れないようにしておきましょう。

どんな方がアイラインのアートメイク施術を受けている?

アイラインのアートメイクのメリットとデメリットをいくつかご紹介しましたが、メリットとデメリットを見ただけでは、アイラインのアートメイクがどのような人に向いているのか分からないという方もいるかと思います。
そこで、ここでは「アイラインのアートメイク施術を受ける方のタイプ」をご紹介します。

アイラインのアートメイクの施術を受ける方の特徴

  • まつ毛やアイラインに悩みを持っている方
  • 「老眼でアイラインが描きにくい」「加齢で目の形が変わった」という年齢に関する悩みを解決したい方
  • アイラインのメイクをするのが苦手な方
  • たくさん汗をかくスポーツや仕事を行っている方
  • 衛生上などの理由でメイクができない職場で働いている方
  • メイクや美容に興味がある方

アイラインのアートメイクを施術できない人

アイラインのアートメイクを受けると様々なメリットを得ることができますが、人によっては施術を受けることができない方がいます。

そこで、ここではどのような方がアートメイクの施術を受けることができないのかまとめたので、アイラインにアートメイクを施したいと考えている方は確認しておきましょう。

目元の手術を行ったばかりの方

眼瞼下垂の手術や瞼の形成手術、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射などを行ったばかりの場合は、アイラインのアートメイクを受けることはできません。
肌への負担などを考えて、目元の手術後1ヶ月を目安に期間を空けるようにしましょう。

花粉症アレルギーを持っており、施術時が花粉飛散時期に該当する方

アイラインのアートメイクを行った後は、施術箇所を刺激しないようにしないとしけません。しかし、花粉症アレルギーの場合、施術後の敏感な目元の肌を無意識のうちに擦ってしまう恐れがあるため、花粉の飛散がない時期にアートメイク施術を行うようにしましょう。

施術当日に体調が悪い方や肌に問題がある方

アートメイクは肌に負担がかかる施術のため、体調や肌に問題がある場合は施術を行うことができません。
もし予約日当日に、急に体調が崩れた場合はクリニックに相談をして施術日を変更しましょう。

アートメイクの施術は医療行為になるため、もし施術を受けても問題がないか不安になったら、クリニックの担当医などに相談をして決めるようにしましょう。

アイラインのアートメイクを受ける前にメリットやデメリットは確認しておこう

アートメイクの施術を受ける際は、しっかりとメリットとデメリットを確認しておかなければ、予期せぬトラブルが発生してしまう可能性があります。
また、施術が受けられる方・施術を受けることができない方のタイプを把握しておくことで、自身が本当にアートメイクを受けても問題ないかの判断がしやすくなります。

アートメイクの施術を受けようか悩んでいるという方は、今回ご紹介した「アイラインのアートメイクのメリットとデメリット」「アイラインの施術を受けることができない方」「アイラインのアートメイクの施術に向いている方」の内容を参考にしてみてください。

▼関連記事はこちら

▼北村先生からのワンポイントアドバイス

▼アートメイクの基礎情報はこちらから

▼男性にもおすすめのアートメイク

PAGE TOP