北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 仕上がりイメージが分かる画像付き!眉毛のアートメイクの総合情報
仕上がりイメージが分かる画像付き!眉毛のアートメイクの総合情報

この記事は、眉毛のアートメイクを受けるメリット・デメリットや施術の流れなど、これからアートメイクを受ける方への情報はもちろん、術後の過ごし方やリタッチ、除去についてなど、すでに施術を受けられた方への情報も満載です!眉毛のアートメイクに関して不安や疑問があれば、ぜひご一読ください。

眉毛のアートメイクのメリット・デメリット

SNSなどに投稿されるアートメイクの施術例は綺麗に仕上がっていることが多いですが、これから眉毛のアートメイクを受けようと検討されている方は、メリットだけでなくデメリットもしっかり把握しておきましょう。

メリット

  • 2~3年は眉毛のメイクが必要なくなる
  • 毎日のメイク時間が短縮できる
  • 自分で眉毛を手入れする時のガイドラインになる
  • 元々の眉毛が薄い、部分的に生えていないなどのコンプレックスを解消できる
  • 汗や水に濡れても落ちないため温泉やプールを思い切り楽しめる

デメリット

  • 一度施術するとしばらくデザインや色を変えられない
  • 数年で薄くなるので、メンテナンスが必要
  • 仕上がりに納得がいかなくても簡単には消せない
  • 施術には痛みが伴う
  • 施術直後(施術部位や体質によっては施術後数日間)は腫れや赤みが出る
  • 使用する色素によってはMRIが受けられない可能性がある

眉毛のアートメイクの種類

眉毛のアートメイクには大きく2種類の技法があり、それぞれ仕上がりの雰囲気が異なります。自分のイメージする仕上がりはどちらなのか確認しましょう。

手彫り(毛並み風)

ペン型の器具の先端に針をつけ、一本一本眉毛を描くように色素を入れていく技法です。4Dストロークやマイクロブレーディングとも呼ばれます。

昔のアートメイクのようにベタ塗りではなく、眉毛が生えているように見えるためとても自然な仕上がりになります。機械彫りに比べシャープで力強い印象が出ること、また、間近で見ないとアートメイクしているとは気づかれにくいことから、男性の施術にもおすすめです。

ただし、人の手で施術するため機械彫りよりも痛みを感じやすく、施術時間が長くなるといったデメリットもあります。

機械彫り(パウダー風)

高速で針を動かす専用マシンを使って皮膚に色素を入れていく技法です。マシンとは言っても、見た目は太いペンのような形状で、施術者が手に持って施術を行います。

眉毛の輪郭の内側に均等に色素が入るため、アイブロウパウダーでメイクしたようなふんわりした仕上がりになります。痛みも比較的少なく、施術時間も短いため、初めてアートメイクを受ける方でもチャレンジしやすいと言えます。

一方で、メイクしたような見た目になるので、すっぴんだと眉毛だけ浮きやすいといったデメリットがあります。

このように、手彫りと機械彫りにはそれぞれメリット・デメリットがあるため、両方を組み合わせてデメリットを補うのがベストです。特に元々の眉毛がほとんどない方の場合、どちらか一方だけの技法では出せる立体感には限界がありますから、パウダー風のベースで輪郭を整えて、その上に毛並みを足すと間近で見ても自然な仕上がりが期待できます。

眉毛のアートメイク 施術の流れ

ここでは、ウィメンズヘルスクリニック東京で行う施術の流れを簡単にご紹介いたします。

1. 施術者によるカウンセリング

不安に思っていること、疑問に思っていることはここで解決します。
デザインの希望、過去に施術したときの不満もお伺いします。

2.医師による問診

専門の医師が施術希望箇所に発疹などの異常がないか、体調に問題はないか診察いたします。

3. 技術者によるデザイン決め

実際にデザインを描き、修正しながら理想の形に近づけていきます。眉毛の場合は左右で違うデザインを描き、どちらかを選んでから徐々に修正していきます。

クリニックによってはカラーリングされた髪の色に合わせて施術されることもありますが、ウィメンズヘルスクリニック東京ではお客様の肌色や元々の眉毛の色に合わせて色を決めています。

施術時の髪の色に合わせてしまうと、髪を別の色に染めた際に合わなくなってしまうためです。詳しくは関連ページもご覧ください。

アートメイクの眉に使う基本的な色の種類
眉のデザインはどう決める?自然に仕上げるコツとは

4. 麻酔塗布

眉毛とリップは希望された方、アイラインの施術は全員麻酔クリームを塗ります。眉毛の場合、女性は麻酔なしで耐えられる方も少なくありませんが、痛みに弱い方は使用をおすすめします。麻酔が効いたことを確認してから、施術開始です。

5. 施術開始

作成したデザインに沿って色素を入れていきます。施術時間はパーツにもよりますが、カウンセリングも含めて60~90分が目安です。

これで1回目の施術が完了です。アートメイクで入れる色素は1回では定着しないため、3回に分けて色素を入れていきます。一度施術をしたら皮膚を回復させる必要があるので、次の施術は2週間以上期間をあけて行ないます。

一般的に眉毛のアートメイクは1~2回で仕上げるクリニックがほとんどですが、ウィメンズヘルスクリニック東京ではより自然な仕上がりになるように3回に分けて施術を行います。

少しずつ色素を入れることによってダウンタイムが短くなるだけでなく、お客様とコミュニケーションを取る回数が増え、お好みやご希望を把握しやすくなります。

予約・お問い合わせはこちらから 

眉毛のアートメイクの仕上がりイメージ

30代女性会社員の施術例

1回目

30_one

3回目

30-three

引用元:施術例 | ウィメンズヘルスクリニック東京

・施術部位:眉毛
・施術回数:3回
・施術費用:3回分 111,240円(税込)

施術前は輪郭がぼやけていた眉毛ですが、見事に美しく洗練された印象になりました。1回目の施術後でも自然な濃さなので、そのままお出かけの予定があっても人目が気になりません。

60代女性主婦の施術例

1回目

60-one

3回目

60-three

引用元:施術例 | ウィメンズヘルスクリニック東京

・施術部位:眉毛
・施術回数:3回
・施術費用:3回分 111,240円(税込)

薄い眉頭にはほんのりグラデーションを入れ、眉尻はしっかり毛並みを描き足すことで、すっきりしながらも年齢に見合った違和感のない仕上がりになっています。

男性の施術例

taiken3_01_03

02_03

引用元:施術例 | ウィメンズヘルスクリニック東京

・施術部位:眉毛
・施術回数:3回
・施術費用:3回分 111,240円(税込)

どちらの男性も、薄く、輪郭のはっきりしなかった眉毛がキリっとした男性らしい眉毛に仕上がっています。男性は眉毛が薄いと強面に見えたり、反対に頼りなく見えたりすることがありますが、このように眉毛が整っているだけで誠実で頼もしい印象になります。

料金表 | メディカルアートメイク | ウィメンズヘルスクリニック東京

また、アートメイクの施術を行う際に痛みとあわせて気になることは「衛生管理」です。アートメイクの施術で使用する器具は、衛生面を考慮して使い捨ての物を使用するのが基本です。針の使い回しにより感染症を発症する心配があるため、不安な方は個別包装されている使い捨ての針を使っているかどうかを確認してみてください。

使い捨て針の中でも、個別で減菌されている針はより安全性が高いです。安全を第一優先に考える方は、減菌された針を使用している衛生管理意識が高いクリニックを探しましょう。

アートメイク施術後の過ごし方

<クレンジング・洗顔>

施術をしたその日の夜に、クレンジングを使ってお化粧を落としても、石鹸を使って洗顔しても大丈夫です。

ただし、クレンジング剤や石鹸が、施術した箇所に直接つかないように注意してください。洗い流したお湯や水がかかる程度なら問題ありません。

施術後の肌は敏感になっているため、基本的に擦り傷と同じように扱いなるべく刺激しないようにすることが大切です。

<入浴>

シャワーは当日から浴びられますが、傷口に雑菌が入るのを極力避けるため、湯船には1週間ほど入らないようにしましょう。

また、傷が治らないうちに湯船に入ると、温熱作用で皮下の血管が広がり出血する可能性もあります。これら2つの理由から、自宅の湯船だけでなく、銭湯、温泉、サウナも1週間は控えたほうが安全です。

<保湿>

施術箇所は乾燥してしまうと、かさぶたができ、色がまだらに抜けてしまう可能性もあるためこまめに保湿を行いましょう。かさぶたができた場合は、自然に剥がれ落ちるまで擦ったり剥がしたりしないように気をつけて下さい。

クリニックから処方された軟膏があれば、用法を守って塗るようにしましょう。処方されなければ、薬局でワセリンやビタミンA+D軟膏を購入し、1週間程度塗るといいです。

<お化粧>

施術部以外のお化粧であれば当日から可能です。施術部に関しても、赤みや腫れが引いていれば翌日から通常通りのお化粧をして構いません。ただし、クレンジング時に強くこするのは良くないので、濃いメイクは1週間は避けた方が無難です。

<運動>

アートメイクの施術後は血行を促進してしまう運動は控えましょう。特に施術箇所の痛みが強いという方は、痛みが増す可能性があるので気をつける必要があります。

また、運動はもちろんですがホットヨガ、岩盤浴などの体温を上げる行為は腫れが治りにくくなるため腫れがひくまでは避けてください。その他にも、日頃からプールで運動をしているという方は、不特定多数の方が利用するプールなどの施設の利用は雑菌が傷口に入りやすいため、1週間は期間をあけてからプールに入るようにしましょう。

<飲酒>

お酒に含まれるアルコールも、入浴や運動と同じく血行を促進する作用があるため当日は控えてください。また、水分の取り過ぎも顔のむくみに繋がり、腫れを引き起こす原因となります。ノンアルコール飲料であっても飲み過ぎは禁物です。

アートメイクのリタッチ(再施術)ついて

アートメイクは個人差もありますが、2~3年ほどで色素が薄れてきます。これを美しく蘇らせるためには、リタッチ(再施術)が必要です。通常は2~3年で色が薄れてきますが、汗っかきの方や水泳・エステ・サウナなどの新陳代謝を高めることをよくしている方は1年で色素が薄くなる場合があります。

このように普段のライフスタイルや体質によってリタッチが必要になる時期は個人差があります。「2~3年したらまた施術しなくちゃいけないの?」と思われるかもしれませんが、リタッチをすることにはメリットがあるのです。

それは、「年齢に合わせて、そのときのお顔に最適なデザインを保てる」ということ。当院のリタッチは、ただ単純に前回のデザイン通りに色素を入れ直すのではなく、リタッチ時のお顔に合うように微調整をいたしております。リタッチの施術料金は、デザイン変更をしても同じ料金ですのでご安心ください。

なお、リタッチはデザイン変更が可能ですが、その時の流行に合わせた形にデザイン修正したり、太目にラインを入れたりするのはおすすめできません。ノーメイクでもふんわりとメイクをしているように見える程度に施すことがベストです。

2~3年毎にご自身のお顔と向き合うことで、年齢に合った美しさを一緒に追求していきましょう。

アートメイククリニックの選び方

アートメイクのメリット・デメリットを理解し、施術の流れや術後の注意事項なども把握出来たら、いよいよクリニック選びです。現在では眉毛のアートメイクを施術できるお店も増えているため、何を基準に選べば良いのか迷うところです。

ここからは、アートメイククリニックの選び方をご紹介していきます。

医療機関で施術を受ける

アートメイクは針を使って皮膚に色素を入れる医療行為であるため、医師か医師の指示を受けた看護師しか施術は出来ません。そのため「サロン」ではなく「クリニック」で施術を受ける必要があります。値段の安さやおしゃれなホームページで決めるのではなく、大前提としてクリニックであることは必ず確認してください。

国内のクリニックを選ぶ

アートメイクは韓国でも盛んです。仕上がりも美しく低価格で受けられると評判ですが、外国で施術を受けると、万が一トラブルが起きた時にアフターフォローが不十分になる可能性があります。腫れや痛みが出た時にすぐに相談しに行ける近場のクリニックを選んでおくといざという時に安心です。

症例写真を見せてもらう

カウンセリングでは、過去の症例写真をしっかり見せてくれるクリニックを選びましょう。自分の求めている仕上がりイメージに近いか確認し、不安や心配なことがあれば妥協せずに納得するまで聞くことが大切です。

口コミを確認する

クリニックのホームページだと良い部分しか見えないため、実際に施術を受けた方の口コミも参考にしましょう。インターネットで情報収集するほか、信憑性のある情報を得るには身近な経験者に聞いてみるのがおすすめです。

眉毛のアートメイクのトラブル

上記でご紹介したような手順を踏んで、きちんと信頼できるクリニックを選べば問題ありませんが、知り合いの紹介だから、とよく調べずに選んでしまうと予期せぬトラブルに巻き込まれてしまうケースがあります。

眉毛のアートメイクでは、主に皮膚障害や刺傷、切傷といったトラブルが多いというデータがあります。皮膚障害とは施術部位が化膿していつまでも治らない、痛みや腫れが続くといった症状です。また、健康被害以外にも、左右で仕上がりが違う、希望と違う部分に色が入ってしまったなど、デザインに関するトラブルもよく聞かれます。

そのほとんどがサロンなどの医師免許を持たない人の施術によって発生しているため、クリニック選びは自分の身を守るためにも非常に重要です。アートメイクはタトゥーの一種であり、気軽に受けて良いものではない、ということを今一度思い出し、衛生管理やアレルギーについてもよく確認してから施術を受けましょう。

アートメイクとタトゥーの違いについてはこちらで北村が詳しく解説しています。

【北村がお答えする】眉毛・アイラインアートメイクとタトゥーの違いとは

眉毛のアートメイクの除去

アートメイクは今でこそ情報が豊富ですが、昔は今ほど情報がありませんでした。そのため、昔入れたアートメイクを後悔しているという人は少なくありません。最後に、アートメイクを除去する方法を2つご紹介します。

レーザー治療

アートメイクを除去するにはレーザー治療が一般的です。レーザー脱毛と同じ原理で、黒系の色素に反応します。そのため、レーザーを照射するとその部分の眉毛が生えてこなくなる可能性がありますが、切除など他の方法に比べれば傷も残らず、比較的綺麗に除去できます。

タトゥー除去クリーム

市販されているタトゥー除去クリームはシミ取りクリームのような原理で、肌のターンオーバーを促すことで色素を排出していきます。手軽でコストも安いのが魅力ですが、色素が消えたと実感するまでには半年から1年程度かかるため、すぐに消したい場合には向きません。また、人によっては効果が出なかったりアレルギー反応が出たりすることもあります。

アートメイクを綺麗に消せる方法は以下の記事にも詳しく紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

消したい!除去したい!アートメイクに失敗した人必見5つの対処法! – アートメイクラボ

眉毛のアートメイクは除去のことも頭に入れておこう

アートメイクは一度施術をすると自然に消えるということはありません。アートメイクを完全に消すとなると医療機関で除去施術を行なう必要があります。これからアートメイクを入れようと検討している方がいれば、一度入れると簡単に消せないということを理解しておきましょう。

予約・お問い合わせはこちらから 

 

 

▼関連記事はこちら

▼北村先生からのワンポイントアドバイス

▼アートメイクの基礎情報はこちらから

▼男性にもおすすめのアートメイク

PAGE TOP