北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > アートメイクの施術後のかさぶたは剥がして良いの?経過と注意点
アートメイクの施術後のかさぶたは剥がして良いの?経過と注意点

アートメイクの施術後は腫れや赤み、かさぶたなどが現れます。自分でかさぶたを剥がすと出血して治りが遅くなったり、色素の定着が悪くなったりすることがあるため、「目立つから嫌」といって無理に剥がすのは厳禁です。

他にも、施術後の過ごし方によりアートメイクの仕上がりは左右されます。
そこで今回は、アートメイク施術後1週間の経過と生活する上での注意点をご紹介します。

アートメイク施術後1週間の経過

アートメイク施術直後から1週間後までの経過を見てみましょう。

施術直後

アートメイク施術直後に現れる症状は部位により異なります。かさぶたは血液が固まって作られるので、施術直後にはできません。

眉の場合、腫れや赤み、ひりひりした痛みなどが生じます。ただ、眉毛で腫れや赤みは隠れるため、他の部位に比べて見た目の変化は少ないと言えます。

アイラインの場合、ひりひりとした痛みを感じたり、泣いた後のように目が腫れたりします。施術後はクリニックでクーリング(冷却)は行いますが、腫れや痛みが強いときは自宅でも保冷剤を使って施術箇所を冷やしましょう。

リップの場合、眉やアイラインと比べて皮膚が薄いため特に腫れと赤みの症状が強く現れます。また、人によって唇が厚くなったり、唇の色が濃くなったりする場合もあります。なお、水分を過剰に摂取すると顔がむくみ、腫れが悪化する可能性があるため飲み過ぎないようにしましょう。

施術後2~3日

眉やアイラインの場合、施術後2日目以降は腫れや痛みは治まり、かさぶたが作られます。また、施術箇所が乾燥してつっぱりを感じたり、かゆくなったりする場合があります。

このとき、かさぶたを触ったり、掻いたりしないようにしましょう。出血して治りが遅くなる他、色素の定着が悪くなりアートメイクの仕上がりが損なわれる可能性があります。

リップの場合、施術後3日程度で腫れや痛みが治まります。かさぶたができることで乾燥して口が開けづらくなりますが、時間が経過するとかさぶたは自然に剥がれるので問題ありません。かさぶたがまばらに残っているからといって無理やり剥がさないようにしましょう。

施術後1週間

施術後1週間程度でアートメイクが安定します。かさぶたは自然に全て剥がれ落ちて、腫れや赤みも治まります。かさぶたがあると色素にムラがあるように見えますが、全て剥がれると自然な見た目になるため心配ありません。

アートメイク施術後の注意点

アートメイクの施術後の注意点を5つご紹介します。

かさぶたは自分で剥がさない

アートメイク施術後の腫れが治まるとかさぶたができますが、見た目が気になるからといって無理やり剥がすのは禁物です。無理やり剥がすと出血して傷が残ったり色素が飛んでしまったりする可能性があるため、3~5日ほど様子を見ながら自然に剥がれるのを待ちましょう。

また、乾燥するとかゆみが生じます。無意識に掻いてかさぶたを剥がしてしまうことがないよう、クリニックから処方されるワセリンや軟膏などで保湿をしましょう。

施術箇所に強い刺激を与えない

アートメイクの施術後1週間は、施術箇所を擦ったり掻いたりして強い刺激を与えないようにしましょう。メイクをする際にも注意が必要です。

眉の場合、翌日からメイクはできますが、ペンシルやパウダーチップは刺激になるので使用を避けたほうが良いです。また、強く擦らないと落ちない眉マスカラのようなメイク用品も避けておくと安心です。

アイラインの場合、目に腫れや違和感があるうちはコンタクトの装着は避けましょう。 リップの場合、辛い食べ物や熱い飲み物が刺激になるので、施術後2~3日は控えてください。飲み物はストローで飲むと唇への負担が少ないのでおすすめです。

つけまつ毛とまつ毛エクステを装着しない

つけまつ毛やまつ毛エクステは、施術後10~14日は使用を控えることをおすすめします。施術箇所が安定していないうちにつけまつ毛やまつ毛エクステを装着すると、雑菌が侵入して炎症を起こす可能性があります。

なお、アートメイクの施術前にまつ毛エクステを外すことを推奨しているクリニックもあります。そのため2~3回に分けてアートメイクを行う場合は、全ての施術が終わってからまつ毛エクステをするのがおすすめです。

長湯をしない

施術直後は施術箇所を濡らさないように気をつけながら、シャワーで軽く済ませましょう。また施術後1週間は長湯を避けてください。長湯をすると血行が良くなって出血しやすくなる他、腫れが悪化するなどのトラブルが起きる可能性があります。

プールやサウナの利用を控える

プールやサウナ、温泉などの利用は施術後1週間控えましょう。不特定多数が利用している施設なので雑菌が多く存在しており、施術箇所が安定していない状態で利用すると、菌が侵入して炎症を起こす可能性があります。

施術後にできるかさぶたは無理やり剥がさないことが大切

アートメイクの施術後にできるかさぶたは自分で無理やり剥がさないようにしましょう。無理やり剥がすと出血して施術箇所の治りが遅くなりますし、色素の定着が悪くなることもあります。時間が経てば自然に剥がれ落ちるので、しっかりと保湿をしながら刺激を与えないように過ごしてください。

また、アートメイク施術後1週間は「つけまつ毛やまつ毛エクステを装着できない」「長湯ができない」「プールやサウナを利用できない」など注意すべき点がたくさんあります。ダウンタイムを安心して過ごすためにも、施術前の医師とのカウンセリングで疑問や不安はきちんと解決しておきましょう。

▼関連記事はこちら
アートメイクでベストバランスの顔を手に入れる
アートメイクで眉の美しさをキープする
知っておきたいアートメイクのメリット・デメリット
眉はアートメイク誕生のきっかけ?

PAGE TOP