北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

Dクリニック東京 ウィメンズメディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 金曜日 10:00~14:00
    15:00~19:00
  • 土曜日
    祝日
    10:00~14:00
    15:00~19:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

Dクリニック東京 ウィメンズ  アートメイク >  アートメイクをお考えの方へ >  アイラインは花粉症の時期でも問題ない?【専門家監修】

アイラインは花粉症の時期でも問題ない?【専門家監修】

公開日:2018年04月18日 更新日:2020年04月08日

花粉症のアレルギーがある患者様は、症状が出るシーズンに施術を受けることができないのでしょうか?アートメイクはその箇所によって花粉症の症状との関連性も変わってくるため、どのパーツのアートメイクがどういった理由で問題なのか理解しておきましょう。
花粉症の症状があるときに受けられないアートメイクとその理由、その他のアレルギー対応についてDクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)の施術担当者、北村久美がお答えします。

花粉症の時期にできない施術とは?

――花粉症の方は、症状が出ている時期にはできない施術があると聞いたのですが本当ですか?

北村「はい。眉やリップなどは問題ありませんが、アイラインのアートメイクは、症状が出ている期間は施術ができません」

――なぜ、アイラインだけ施術できないのですか?

北村「花粉症の症状が出ている間は、涙目になったり目がむずがゆくなったりして、どうしても目をこすりたくなりますよね。ふだんは我慢していても無意識に、あるいは寝ている間にこする可能性もあります。

施術後に目元をこするのは、感染症の原因になりかねないのでとても危険なんです。また、施術前には目薬タイプの点眼麻酔を行ないますが、これもアレルギー症状が出ている最中だと目にしみることがあります。なので、大事を取ってシーズン後に施術をしましょう、ということなんです」

――花粉の成分が直接施術に影響を及ぼす、といった理由ではないのですね。

北村「はい、花粉自体は関係ありません。花粉症は一般的には春先ですが、秋に咲くヨモギやブタクサなどにもアレルギーがあります。『秋だから花粉症ではないはず』と施術を受けようとするのはトラブルの元なので、アレルギーが気になるようでしたら一声、ご相談ください。花粉症に限らず、結膜炎、ものもらいなど目の状態がよくないときは施術はできないと覚えておいてください」

目をこすることと、アレルギー体質とは別物

――花粉症自体がダメなわけではないということでしたが、他のアレルギーについてはどうでしょうか?

北村「『花粉症だと施術できない』と聞いて『アレルギー体質だと施術できない』と勘違いされる患者様も多いのですが、先ほどお話ししたように『花粉症のシーズンは目をこする恐れがあるのでアイラインだけNG』というだけで、アレルギーの有無でできない、という意味ではないんです。

施術前にご相談を受けることが多いのは、アトピー性皮膚炎、重度の金属アレルギー、麻酔へのアレルギーですが、これらに関しては事前にパッチテストを行なって問題なければ施術は可能です。パッチテストもせずに『施術をしたら問題が起きた!』というトラブルになることはありませんのでご安心ください。他に気になることがあればカウンセリングの際にもご相談いただけます。不安なことは、どんなことでも気軽にお尋ねいただきたいですね」

こちらの記事で、アレルギーやアトピーの方の施術ついて詳しくご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。

無理して施術を優先しない

――患者さんにとても配慮してくれるんですね。ですが、患者さん自ら体調を事細かに伝えてくれるのでしょうか? 中には黙っている方もいらっしゃいませんか?

北村「施術の前には必ずドクターがチェックをして、体調に問題はないか、施術部位に問題は起きていないかを確認します。ですから、たとえ自覚症状がない患者様でも、うっかり施術をしてしまうということはありません」

――医療機関ならではの安心・安全な体制ですね。

北村「はい、ですのでご安心いただきたいです。ごくまれに、ですが、ドクターチェックでその日の施術は見送りになってしまったあとに『実は、具合が悪いのはわかっていたんですけど、予約をキャンセルしたら申し訳ないと思って…』と無理に来院された、という患者様もいらっしゃいました。お気遣いはうれしいんですが、患者様の体調より予約の日程を優先する、ということはありませんので。ですから、体調不良の場合は無理をせずに、事前でも、当日でも、ご遠慮なくその旨をお知らせください。」

――施術を受ける方の身体に悪影響があると判断したときは施術をしない、ということも信頼できるクリニックの証しだと思います。

北村「はい。患者様の健康が第一ですので、体調が万全なときに改めてご来院いただければそれが一番です」

■アイラインは花粉症の時期でも問題ない? まとめ

花粉症自体は施術に影響はなく、目をこする危険性があるのでアイラインの施術のみできない、ということでした。初めてのアイライン施術の際はもちろん、「リタッチで慣れているから大丈夫」と思っても、花粉症や目の状態に問題があるときは必ず症状が回復するまで待ってからご予約をお願いします。

また、お金を払えばいつでも施術してくれるアートメイクサロンなどは信頼できません。患者様の健康を第一に考えたクリニックを選ぶことが大切です。

この記事の監修者

北村 久美先生
北村 久美先生

メディカルアートメイクトップアーティスト(看護師)。メディカルアートメイク暦27年、施術件数約8,000件の豊富な知識と経験を持ち、たくさんの患者様から信頼を得ている。カウンセリング→デザイン→施術→アフターフォローまで全てを担当。通常業務の傍ら、日本メディカルアートメイク協会の理事、事務局長として活動をしている。

施術者情報はこちら

関連リンク

料金表

料金表

料金表

施術例

料金表

よくある質問

Dクリニック東京 ウィメンズ  アートメイク >  アートメイクをお考えの方へ >  アイラインは花粉症の時期でも問題ない?【専門家監修】

PAGE TOP