北村 久美 オフィシャルブログ

だれでも美しい眉が手に入るメディカルアートメイク書籍案内

日本メディカルアートメイク協会

ウィメンズヘルスクリニック東京メディカルアートメイク インスタグラム公式アカウント

診療時間

  • 火曜日 10:00~17:00
  • 水曜日 13:00~19:00
  • 木曜日 10:00~17:00
  • 金曜日 10:00~19:00
  • 土曜日 10:00~18:00

※日曜日・月曜日は休診

アクセスマップ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸ノ内10F

詳しくはこちら

アートメイク以外の外来は
こちら

ウィメンズヘルスクリニック東京 アートメイク > アートメイクをお考えの方へ > 眉アートメイクはどの技法がおすすめ?グラデーション、3D、4Dの違い
眉アートメイクはどの技法がおすすめ?グラデーション、3D、4Dの違い

眉のアートメイクは主に「グラデーション技法」「3D技法」「4D技法」の3つの技法で施術を行います。どの技法を選ぶかでアートメイクの仕上がりが大きく変わるので、それぞれの特徴を押さえておくことをおすすめします。

今回は、3つの技法のメリットとデメリットをまとめました。眉のアートメイク施術を受けようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

グラデーション技法

眉アートメイクの中でもとくに幅広く普及している技法が、眉の輪郭の内側をパウダー風に塗る「グラデーション技法」です。

メリット

グラデーション技法のメリットは、アイブロウパウダーで描いたような柔らかい雰囲気に仕上がることです。ナチュラルメイクを好む方や、柔らかい印象に見せたいという方におすすめです。

また、基本的に機械で施術を行うグラデーション技法は、手彫りで行う3D・4D技法に比べて施術時間が短く済むというメリットもあります。

デメリット

グラデーション技法では眉の輪郭の内側を塗りつぶすように施術を行うため、施術者に十分な技術がないと不自然な仕上がりになる可能性があります。

また、メイクを施したような仕上がりになるため、ノーメイクのときに眉だけが浮いていると感じることもあります。

グラデーション技法の仕上がりは、メイクの好みや日頃のライフスタイルによってメリットにもデメリットにもなるので、自分に適しているのかをきちんと見極めましょう。

3D技法

グラデーション技法と違い、手彫りで1本1本眉毛を描いていく施術が「3D技法」です。毛並みを細かく表現できるので、よりナチュラルな仕上がりになります。

メリット

3D技法では一針ずつ丁寧に色を入れていくので、自眉がボリュームアップしたように見せることができます。自然な毛並みを表現できるため、施術直後でも違和感がほとんどないという点も大きなメリットです。眉尻や眉頭の自眉が少ない方や、薄眉に悩んでいる方におすすめです。

デメリット

3D技法には、施術回数が通常のグラデーション技法よりも多く、手彫りで一針ずつ丁寧に色を入れていくため施術時間が長いというデメリットがあります。また、年月が経つと色が薄くなり、眉毛がまだらに抜けて穴があいたような見た目になる場合があります。

4D技法

グラデーション技法と3D技法を組み合わせた施術が「4D技法」です。それぞれの長所を掛け合わせた4D技法で施した眉は、間近で見てもアートメイクと気が付かないほど自然な仕上がりになります。

メリット

4D技法では3D技法と同様に1本1本毛並みを描いていきます。その後、グラデーション技法で描いた毛並みの隙間を埋めていくため、立体感のある自然で美しい眉に仕上がります。2つの技法を組み合わせることで、年月が経って色が薄くなっても穴があいたように見えることがほとんどありません。

デメリット

4D技法は3D技法と同様、1本1本毛並みを描いていくので施術時間が長いというデメリットがあります。人によっては痛みを感じる場合もあり、施術時間が長いと痛みに耐えなくてはならない時間も長くなるので、痛みの程度や麻酔について確認しておきましょう。

加えて4D技法は高い技術が求められるため、施術できる看護師が少ないという点もデメリットのひとつです。

アートメイクを受ける際は仕上がりをイメージして技法を選ぼう

「グラデーション技法」「3D技法」「4D技法」それぞれのメリット・デメリットについてご紹介しました。パウダー風にメイクを施したような柔らかい仕上がりを求めるならグラデーション技法、一方で毛並みを表現して自然な仕上がりを求めるなら3D・4D技法がおすすめです。

またアートメイクの仕上がりは、技法だけでなく施術者の技術力でも大きく左右されます。クリニックを選ぶ際は、ホームページや口コミなどで実績・評判を確認してから判断しましょう。

▼関連記事はこちら
アートメイクでベストバランスの顔を手に入れる
アートメイクで眉の美しさをキープする
知っておきたいアートメイクのメリット・デメリット
眉はアートメイク誕生のきっかけ?

PAGE TOP